詳細

赤のあつまり
 ( アカノアツマリ )

技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 41.2×32.0
制作年 1958(昭和33)
作家名 瑛九
作家名フリガナ エイキュウ
所蔵館 美術館
拡大
昭和30年に入ると、[瑛九]の作風は目まぐるしく変化する。一つの表現を徹底的に研究しそのスタイルが確立されたかと思うと、次の様式の模索が始まる。その移り変わりの過程で、画面から具象性が次第に取り払われ、完全な抽象へと近づいていく。この作品は昭和33年に描かれた。明確なりんかくを持つ大小さまざまの丸が、重なることなく互いに独立して画面に散らばっている。丸が[モティーフ]で周囲のスペースは背景とみえるが、この背景は、ただ余白を埋めるものではない。丸の背後で微妙に色合いを変化させ、空間に奥行きや動きを与える重要な要素なのである。これらの特徴は、昭和33年前半の作品の多くに共通している。

関連情報

瑛九  ( エイキュウ )
noimage
作家名 瑛九
フリガナ エイキュウ
生地 宮崎県宮崎市
生年 1911(明治44)
没年 1960(昭和35)