詳細

空の目
 ( ソラノメ )

技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 72.7×60.9
制作年 1957(昭和32)
作家名 瑛九
作家名フリガナ エイキュウ
所蔵館 美術館
拡大
深く、輝くような青い空間に大小さまざまの点や円が埋めつくされている。中央にはUFOのような物体が浮かび、まわりを個性的な形をした円が大きな輪と共に、静かにそしてゆっくりと回転している。まるでスペースファンタジーといった趣がある。油彩画においても、様々な作風を試みた瑛九であるが、この作品あたりから、最晩年の点による作品に展開していく。点を打つという単純なスタイルではあるが、自分の思想を画面に焼きつけるがごとく、イメージは宇宙的広大さをもつにいたった。瑛九の抽象絵画への熱い思いをここに見ることができる。

関連情報

瑛九  ( エイキュウ )
noimage
作家名 瑛九
フリガナ エイキュウ
生地 宮崎県宮崎市
生年 1911(明治44)
没年 1960(昭和35)