詳細

田園B
 ( デンエンB )

技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 130.7×194.0
制作年 1959(昭和34)
作家名 瑛九
作家名フリガナ エイキュウ
所蔵館 美術館
拡大
画面全体が、無数の細かい点で覆われている。それは、まるで光の玉が弾けて飛び散る一瞬を描きとめたかのようだ。光の粒子は、背景の青の粒子と解け合うとき、一層輝きを増し、ゆらめきながら幻想的な光を放っている。この作品は、月、星、太陽が、ふるさと宮崎の田園に映じて輝いている心象風景を描き出したものであるという。その早い死の前年であるこの当時、瑛九の制作は、急流を下るように自己の様式の最終的な確立へ向かっていた。この頃、知人へ宛てた手紙に「昨日から120号にとりかかっていて、こうして一歩一歩ふみかためて行くつもりです」と記している。目標を捉えた瑛九の、強い意気込みが感じられる。

関連情報

瑛九  ( エイキュウ )
noimage
作家名 瑛九
フリガナ エイキュウ
生地 宮崎県宮崎市
生年 1911(明治44)
没年 1960(昭和35)