詳細

眼が迴る
 ( メガマワル )

技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 53.5×65.1
制作年 1955(昭和30)
作家名 瑛九
作家名フリガナ エイキュウ
所蔵館 美術館
拡大
[瑛九]の活動は、昭和25年以後[デモクラート美術家協会]の結成、[創造美育協会]の設立、版画講習会の講師など、内容も多岐に渡るようになる。そんな中でも、[瑛九]は多くの作品も制作している。そして、2~3年間隔で変容を見せる作品群は、それぞれに独自の世界をつくり上げており、最晩年の[点描]に至る自己確立の跡がうかがわれる。この作品もその中の1点で、画面全体に細かく描き込まれた作風は晩年の[点描]の作品につながるもので、点の集まりで形を表現している。まだどことなく具体物を感じさせるが、この後次第に形はなくなり完全に点だけによる表現へ移っていく。

関連情報

瑛九  ( エイキュウ )
noimage
作家名 瑛九
フリガナ エイキュウ
生地 宮崎県宮崎市
生年 1911(明治44)
没年 1960(昭和35)