詳細

リンゴ
 ( リンゴ )

技法 油彩
素材 板,油絵具
大きさ 23.5×33.4
制作年 1949(昭和24)
作家名 塩月 桃甫
作家名フリガナ シオツキ トウホ
所蔵館 美術館
拡大
桃甫は、大正10年から昭和21年まで台湾で過ごし、美術教師として後進の指導にあたった。その当時の作品はほとんど残ってはいないが、桃甫の教え子たちの話から、桃甫の作品は赤い色が印象的だったようである。また、「絵には中心がなければならぬ」という桃甫の言葉を台北高校時代に教えを受けた[津田雄一郎]が覚えている。リンゴのどういった特徴を描くか、描く対象のどこに心をひかれたのか、常に桃甫は自分に問うていたのであろう。この作品でも、赤い色が真っ先に目に飛び込んでくる。熟したリンゴと柿の赤が見るものをひきつける。

関連情報

塩月 桃甫  ( シオツキ トウホ )
noimage
作家名 塩月 桃甫
フリガナ シオツキ トウホ
生地 宮崎県西都市
生年 1886(明治19)
没年 1954(昭和29)