詳細

赤衣のヨランダ
 ( セキイノヨランダ )

技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 45.3×38.0
制作年 1929(昭和4)
作家名 山田 新一
作家名フリガナ ヤマダ シンイチ
所蔵館 美術館
拡大
山田のパリ滞在は、足掛け3年にわたっている。[アマン=ジャン]に師事し、フランス絵画の真髄に触れながらも、[エコール・ド・パリ]の画家、[藤田嗣治][キスリング]らとも接し、新たな作風を模索している。滞在中山田は、サロン・ド-トンヌ、サロン・デ・ザンデパンダン等で活躍する一方、文豪モ-リス・メ-テルリンク家に食客として招かれたりしている。この作品は、帰国する1年前に描かれたもので、飾り気のないアトリエの中で、赤衣をまとったフランス人女性を、親しみと憧れを込めてさりげなく描いている。装飾性を極力排し、対象そのものに迫り、その美しさを描きあげ、新鮮な輝きを放っている。

関連情報

山田 新一  ( ヤマダ シンイチ )
noimage
作家名 山田 新一
フリガナ ヤマダ シンイチ
生地 台北市(台湾)
生年 1899(明治32)
没年 1991(平成3)