詳細

パリの屋根
 ( パリノヤネ )

技法 メゾティント
素材 紙,インク
大きさ 14.5×19.4
制作年 1956(昭和31)
作家名 浜口 陽三
作家名フリガナ ハマグチ ヨウゾウ
所蔵館 美術館
拡大
浜口の黒には、東洋の墨を思わせるものがあると言われる。深々と静まりかえった闇の中に、青や薄黄緑の家々がうかびあがり、神秘的な印象さえ与える。幾何学的な形の家並みは、軽快でリズミカルな凹凸を刻みながら互いに響き合っており、静かな調べが流れてきそうである。この作品は、銅版を使った凹版画の技法の一つである、[メゾティント]の技法で制作されている。浜口は、従来の白と黒の表現だけではなく、カラー・[メゾティント]の開発でも国際的に知られている。

関連情報

浜口 陽三  ( ハマグチ ヨウゾウ )
noimage
作家名 浜口 陽三
フリガナ ハマグチ ヨウゾウ
生地 和歌山県
生年 1909(明治42)
没年 2000(平成11)