詳細

昇る人と降りる人
 ( ノボルヒトトオリルヒト )

技法 その他
素材
大きさ 242.0×90.0×48.0
制作年 1968
作家名 マーリオ・チェローリ
所蔵館 美術館
360°回転 拡大
毎日のように繰り返される日常の一こまをモティーフにした作品である。2人が行き交おうとする、まさにその瞬間が切り取られ、立体的な影絵となって出現している。 チェローリは、1968年から舞台美術も手がけるようになり、活動の幅を広げていった。空間を演出する舞台美術の仕事は、チェローリ自身の造形の意識を高めるとともに、彫刻作品に演劇的な感覚を取り入れるきっかけとなった。