詳細

青島の隆起海床と奇形波蝕痕
 ( あおしまのりゅうきかいしょうときけいはしょくこん )

指定者
種別 天然記念物
指定年月日 S9.5.1
所在地 宮崎市大字折生迫
 宮崎市青島からいるか岬に至る海岸の干潮時に広がる、その昔、洗濯する際に使用したせんたく板のような凹凸のある岩やその表面の模様のことをいいます。
 海の力で海岸が削られ平坦な地形を海食台といいます。この海食台が、その後の隆起によって姿を現すようになったものが隆起海床です。青島周辺では、宮崎層群と言われる西から東に落ち込むような傾斜を持った砂岩と泥岩の互層が見られます。この互層の内、泥岩部が海の侵食に弱いために削られ、砂岩部が凸状に残り、波状(せんたく板)に見えるのです。また、海岸に打ち寄せる波の力(侵食作用)で、その砂岩の表面には、その固結に違いにより、様々な模様が見られます。これが波食痕です。
拡大

他の画像

  • 青島の隆起海床と奇形波蝕痕2
  • 青島の隆起海床と奇形波蝕痕3
  • 青島の隆起海床と奇形波蝕痕4

関連情報

地図