詳細

僧日要の墓
 ( そうにちようのはか )

指定者
種別 史跡
指定年月日 S17.6.23
所在地 日向市大字細島字八幡ノ上327ノ乙
 日要は、永享8年(1436年)に細島に生まれた。法華経を学び、日蓮宗本山妙本寺で修行し、延徳元年(1489年)に妙本寺の座主となった。その後日向に帰り、細島の本要寺で住民への布教活動を行った。現在、墓は本要寺跡にあり、墓碑は楕円状の自然石である。墓碑正面には、「南無妙法蓮華経」の文字が刻まれているが、永年の風化により不鮮明な部分もある。
拡大

地図