詳細

三納村古墳
 ( みのうそんこふん )

三納村古墳第28号墳
指定者
種別 史跡
指定年月日 S10.7.2
所在地 西都市大字平群字宮尾・井上・田中・瀬戸田・南川、大字三納字松本・永野大原ほか
 三納村古墳は、三納川の北岸の水田地帯、永野原台地上や南岸の平郡台地上など広範囲に分布している古墳群で、前方後円墳3基・円墳62基・横穴墓5基が指定されている。
 松本地区の水田地帯に11基(前方後円墳1基を含む6基が現存)、永野地区に22基(前方後円墳2基を含む19基が現存)、平郡地区に32基(円墳25基が現存)、上九流水・吹山地区に横穴墓の5基が所在している。西ノ原(永野原)地区の丘陵上に分布する古墳は、妻町清水・西原古墳とあわせて通称「百塚原」とも呼ばれている。
 松本地区の古墳のうち、20号・21号・24号・25号については、墳丘周囲の確認調査が行われ、墳丘基底部の葺石列が検出されている。特に21号墳からは二股の木製鋤、25号墳からは形象埴輪や多量の朝顔形円筒埴輪が出土した。

他の画像

  • 三納村古墳第21号墳

関連情報

妻町清水・西原古墳  ( つまちょうきよみず・にしはるこふん )
妻町清水・西原古墳1号墳
指定者
種別 史跡
指定年月日 S9.4.17
所在地 西都市大字清水字松崎・字寺山・字西原

地図