詳細

山水図
 ( サンスイズ )

技法 日本画
素材 紙,顔料,墨
大きさ 133.0×50.0
制作年 1882(明治15)
作家名 鈴木 月谷
作家名フリガナ スズキ ゲッコク
所蔵館 美術館
拡大
画面上につきだした山を頂点にして、画面中央と手前に岩を配し、その間に蛇行した川であろうか、水面を描いている。また、木々の幹や家の壁をうすく着色している。目をひくのは、けわしくそびえる山や岩の描き方である。立体感を表そうと、うすい墨で波打つ線を幾重にも施している。これは、[披麻皴](ひましゅん)という、中国で古くから用いられた山ひだを表す手法の一つである。中国の[南宗画]の流れをくむ日本の[南画]にもこの手法は受けつがれた。この作品は、明治15年月谷が47歳頃に描いたものである。

関連情報

鈴木 月谷  ( スズキ ゲッコク )
noimage
作家名 鈴木 月谷
フリガナ スズキ ゲッコク
生地 宮崎県延岡市
生年 1835(天保6)
没年 1907(明治40)