詳細

人物(浅草カジノフォーリにて)
 ( ジンブツ(アサクサカジノフォーリニテ) )

技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 91.2×59.5
制作年 1931(昭和6)
作家名 三岸 好太郎
作家名フリガナ ミギシ コウタロウ
所蔵館 美術館
拡大
カジノフォーリは、昭和4年浅草に立てられた大娯楽施設で、歌・踊り・芝居の要素を織りまぜた華やかなショーが人気を博した。当時の流行の最先端であったこの場所に、三岸はしばしば出かけ、[モティーフ]を見つけていたという。青い燕尾服に身を包んだ男は、おそらくショーの出演者であろう。舞台の出を待つひとときの表情を三岸の筆はとらえている。白と黒、赤と青などの[コントラスト]の強い色彩と、カンヴァスに塗り込んでいくような[タッチ]で、人物の内面まで力強く表現している。厚みのある[マティエール]や黒く縁どられたりんかく線などに[ルオー]の影響がうかがわれ、この時期の三岸の画風がよく現れている。

関連情報

三岸 好太郎  ( ミギシ コウタロウ )
noimage
作家名 三岸 好太郎
フリガナ ミギシ コウタロウ
生地 北海道
生年 1903(明治36)
没年 1934(昭和9)