詳細

海苔とる娘
 ( ノリトルムスメ )

中澤弘光「海苔とる娘」
技法 油彩
素材 カンヴァス,油絵具
大きさ 162.3×130.0
制作年 1913(大正2)
作家名 中澤 弘光
作家名フリガナ ナカザワ ヒロミツ
所蔵館 美術館
拡大
舞い降りてきた天女が、船の上でまどろんでいる娘に、そっと寄り添い語りかけるようなしぐさをしている。この作品は、静岡県の清水港付近で海苔を収穫している娘たちの光景を見た中澤が、三保の松原に伝わる天女の羽衣伝説と娘たちの姿とを重ね合わせて描き出したものである。中澤は、明治29年22歳の時に[東京美術学校]の西洋画科に入学し、[外光派][黒田清輝]に師事する。[外光派]の特徴である明るい伸び伸びとした写実描写を取り入れて、日本的な題材をテーマに叙情性に富む作風をつくりあげた。

関連情報

中澤 弘光  ( ナカザワ ヒロミツ )
noimage
作家名 中澤 弘光
フリガナ ナカザワ ヒロミツ
生地 東京都
生年 1874(明治7)
没年 1964(昭和39)