詳細

西米良神楽

 ( にしめらかぐら )

指定者
種別 無形民俗文化財
指定年月日 H9.3.24
所在地 西米良村大字村所(西米良村神楽保存会連合会ほか)
 西米良神楽は、米良西部山系に分布する夜神楽であり、現在、村所(狭上稲荷、横野、板屋を含む)神楽、小川神楽、越野尾神楽が継承されている。
 これらの神楽は、厳粛な雰囲気のうちに舞われる土地守護の神々が出現する「神かぐら」と民衆合一の神楽ばやしを伴う賑やかな舞の「民かぐら」並びに狩猟神事としてのシシトギリ(ヤマクロ)によって構成されている。
 演目や芸能、神面等の保存がよくなされ、鎮魂・供養、猟祈願の特色ある内容が盛り込まれ、伝承されている。
 保存会は後継者育成に力を傾ける一方、シシトギリの復活を行い、村内外の支援を含めて力強い保存活動がみられる

他の画像