詳細情報

瀬田尾権現   ( せだおごんげん )

ニニギが天孫降臨され、高千穂峰の矛峰(山頂)と火常峰(御鉢のこと)の間の瀬戸尾に奇しくも水が湧いていたので、ここに社を建てられ、初めて祖先を祭った場所と伝わる。その後、性空上人が瀬戸尾権現として再興したが、霧島の度々の噴火のため、麓に降ろし、この地に仮殿を建てたので、ここを瀬戸尾と言うようになったと伝わる。現在は瀬田尾と呼ぶ。 

霧島岑神社から更に南へ4㎞行くとコスモス牧場がある。そこの小字が「瀬田尾」と言う。牧場と牧場の間の細い道を約2㎞走ると、「瀬田尾権現」があった。そこは小林市を過ぎ、高原町であった。この祠は、きれいにしてあり、集落の人が大事にしていると感じた。

他の画像

※他の画像をクリックすると拡大サイズでご覧いただけます

伝説の地 天孫降臨伝説の地
所在地 高原町常盤台区瀬田尾

関連情報

トップページへ