ホーム > 新着情報

新着情報

開館のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館は、3月27日(金)より開館します。

皆様のお越しをお待ちしております。



発掘レポ2020 花ノ木池平遺跡

3月も下旬となると桜も開花し、すっかり春めいてきました。

今回の発掘レポは、ちょっとさかのぼって3月上旬の花木池平(はなのきいけんびら)遺跡(都城市)発掘調査の様子をお伝えします

 

 

調査区の西側では、4軒の竪穴式住居跡が確認できました。そのうち1軒から古墳時代の土器や、かまど跡がみつかっています。

また、調査区の北東側と南西側にピット(小穴、柱穴か)がたくさんみつかっています。ピットの並びに規則性はないか、など注意深く観察しています

 

 

 

 



会計年度任用職員(埋蔵文化財整理作業員)〔分館② セレクション〕の募集について

令和2年度会計年度任用職員(埋蔵文化財整理作業員)〔分館② セレクション〕を募集します。

宮崎県埋蔵文化財センターでは移動展示会(埋文セレクション事業)に使用する遺物の復元作業等をしていただく「会計年度任用職員(埋蔵文化財整理作業員)〔分館② セレクション〕/勤務地:分館(宮崎市神宮)」を募集します。

希望される方は下記リンクの募集案内を確認の上、申込をお願いします。

募集案内〔分館② セレクション〕【PDFファイル/176KB】

埋蔵文化財整理作業員〔分館〕申込書 【ワードファイル/35KB】 【PDFファイル/160KB】



会計年度任用職員(埋蔵文化財整理作業員)〔分館① 専門員補助〕の募集について

令和2年度会計年度任用職員(埋蔵文化財整理作業員)〔分館① 専門員補助〕を募集します。

宮崎県埋蔵文化財センターでは整理専門員補助をしていただく「会計年度任用職員(埋蔵文化財整理作業員)〔分館① 専門員補助〕/勤務地:分館(宮崎市神宮)」を募集します。

希望される方は下記リンクの募集案内を確認の上、申込をお願いします。

募集案内〔分館① 専門員補助〕 【PDFファイル/178KB】

埋蔵文化財整理作業員〔分館〕申込書 【ワードファイル/35kb】 【PDFファイル/160KB】



【分館休館のお知らせ】

新型コロナウィルスによる感染症拡大防止のため

本センター分館(展示施設)は

3月5日(木)~3月31日(火)の間,臨時休館いたします。

御迷惑をおかけしますが御理解をお願いいたします.



【3月15日埋文講座中止のおしらせ】

3月15日(日)に開催を予定してしました埋文講座 第6回「歩いてわかった宮崎の古墳 みやざきの古墳保護・活用事業」につきましては、新型コロナウィルスによる感染症拡大防止のため中止とさせていただきます。



【中止になりました】3月埋文講座 第6回「歩いてわかった宮崎の古墳 みやざきの古墳保護・活用事業」

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7・1・2・3月の第3日曜日に、近年報告書が刊行された遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡について、その最終成果をわかりやすく報告する講座を開催します。

令和2年3月は、平成29~令和元年度の3年にかけ、県内に残る古墳の保護活用を目指して行われた事業「みやざきの古墳保護・活用事業」についての活動報告です。参加料無料、申し込み不要です。その活動に伴い行われた百塚原古墳群(西都市)の確認調査でみつかった貴重な資料も展示します。

参加料無料、申込み不要です。


 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第6回「歩いてわかった宮崎の古墳 みやざきの古墳保護・活用事業)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  令和2年3月15日(日) 13:30~15:00

   講師  日髙広人・黒木俊彦(埋蔵文化財センター)、髙橋浩子(宮崎県教育庁文化財課)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 宮崎県は、平成25~28年度にかけて県内に残る古墳の保護活用を進めるため、古墳本来の規模や形状・造られた時期などを把握する「重要古墳等保護活用推進事業」を行いました。
その継続事業である「みやざきの古墳保護・活用事業」では平成29~令和元年度の3年間、重要古墳等の調査(確認調査、墳丘測量調査、地中レーダー探査)、古墳データベースの作成(悉皆調査)、古墳の保護啓発活動を行いました。
 講座ではこうした活動の成果を詳しく紹介するとともに、重要古墳等の発掘調査で出土した遺物の展示・解説を行います。



発掘レポ2020 花木池平遺跡

   2020年最初の発掘レポは、1月14日に始まった花木池平(はなのきいけんびら)遺跡(都城市)の発掘調査です。

 1月は雨が多く、思ったように調査も進まず苦労しました。現在、重機など機械で表面の土(現代の土)を取り除いたあと、包含層(ほうがんそう 土器や石器など昔の人々が使っていた道具が埋もれている土層)の掘り下げを、地元の作業員さんに行ってもらっています。現場担当者は土層で確認しながら掘りすぎないようチェックしています。

 



講座「塚原台地に生きた人々~旧石器時代から弥生時代まで~塚原遺跡(国富町)」の開催について

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7・1・2・3月の第3日曜日に、近年報告書が刊行された遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡について、その最終成果をわかりやすく報告する講座を開催します。

令和2年2月は、平成27~29年度に調査を行った塚原(つかばる)遺跡(国富町)です。

遺跡からは旧石器時代から中世まで続く人々の営みの痕跡が確認されています。

今回の講座では、旧石器時代から弥生時代までの遺跡の説明のほか、発掘調査でみつかった貴重な資料も展示します。

参加料無料、申込み不要です。


 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第5回「塚原台地に生きた人々~旧石器時代から弥生時代まで~塚原遺跡(国富町)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  令和2年2月16日(日) 13:30~15:00

   講師  後藤 清隆 (埋蔵文化財センター)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 塚原遺跡は、国富町の市街地から東に約4.5km、県道宮崎・須木線と南西に流れる本庄川と深年川の合流点にはさまれた標高約40mの塚原台地の東縁部と、台地下北東側に広がる沖積低地に位置しています。

 発掘調査の結果、旧石器時代から中世にいたる遺構や遺物が確認されました。なかでも縄文時代草創期(そうそうき)の赤彩土器の出土は県内では塚原遺跡のみで、貴重な発見です。

 講座ではこうした発掘調査の成果を詳しく紹介するとともに、出土遺物の展示・解説を行います。



分館(展示施設)の年末年始の休館について

宮崎県埋蔵文化財センター分館(展示施設)の年末年始の休館日は以下の通りです。

休館日:12月28日(土)~1月4日(土)

新年は1月5日(日)から通常通り開館いたします。



山裾に広がる縄文集落 嫁坂遺跡(都城市) -第3回埋文講座開催について-

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7・1・2・3月の第3日曜日に、近年報告書が刊行された遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡について、その最終成果をわかりやすく報告する講座を開催します。
 令和2年1月は、平成28年度、29年度に調査を行った嫁坂(よめさか)遺跡(都城市)です。

嫁坂遺跡は、縄文時代を中心とした人々の生活の痕跡や土器などの資料がみつかっています。

今回の講座では、遺跡の内容説明のほか、発掘調査でみつかった貴重な資料も同時に展示します。参加料無料、申込み不要です。


 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第4回「山裾(やますそ)に広がる縄文集落 嫁坂遺跡(都城市)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  令和2年1月19日(日) 13:30~15:00

   講師  甲斐 尚和 (川南町立山本小学校)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 嫁坂遺跡(都城市梅北町)は、鰐塚山系天ヶ峯(354m)の北西裾部に形成された標高約200mのシラス台地上位面に位置しています。
 遺跡からは縄文時代の人々が住んでいた住居跡や、土器・石器などの道具などがみつかっています。
 講座ではこうした発掘調査の成果を詳しく紹介するとともに、出土遺物の展示・解説を行います。



【本日施設公開開催!無料!10:00~16:00】

本センターでは本日施設公開を行っています。

土器復元パズル・擬似発掘体験・レプリカ作りなどお子様から大人まで楽しめる内容です。

ぜひご参加ください。



発掘レポ2019 第2回 竹下第2遺跡

10月某日、竹下第2遺跡(延岡市)、2回目の発掘調査レポートです。

 重機などで表面の土を取り除いたあと、包含層(ほうがんそう 土器や石器など昔の人々が使っていた道具が埋もれている土層)の掘り下げを、地元住民の作業員さんに行ってもらっています。

 住居の痕跡も1軒確認され、当時の人々が使用していた床の高さまで掘り下げていく作業を行っています。

 

 

 

住居跡の掘り下げ



埋文セレクション講座【10/6】のお知らせ

日南市で埋文セレクション講座を行います。

下記の時間帯内であればいつでも参加いただけます。

ぜひ足をお運びください

【会場】日南市生涯学習センターまなびピア

【期日】令和元年10月6日(日)

【内容・時間】

○体験講座(拓本・石器レプリカ作成・土器パズル)

 10:00~12:00

 13:00~14:00

 15:00~16:00

○展示資料解説(狐塚古墳出土遺物など)

 14:00~15:00

【対象】どなたでも参加できます。

【費用】無料

【申込】不要

 

 

 



埋文セレクション(日南会場)終了しました

移動展示会 埋文セレクション(日南会場)

日南市内の遺跡から出土した遺物を中心に約300点を展示します。

今回は特に、西都原考古博物館で展示・保管している狐塚古墳(日南市風田)出土の鉄器(馬具・刀剣・鉄鏃など)、銅器(銅碗・銅鈴)、玉類(勾玉・切子玉など)などの多くの副葬品も日南市で初めて展示します。

この機会にぜひご観覧ください。

また、10月6日(日)にはイベント(拓本・レプリカ体験・解説など)も開催します。

観覧・イベント参加とも無料です。

ぜひ会場に足をお運びください。

詳しくはこちら



休館のお知らせ(9/5~9/11)

9月5日(木)~9月11日(水)の期間は、宮崎県埋蔵文化財センター分館は、特別整理期間のため休館となります。なお、宮崎県総合博物館が文化財保護を目的とした消毒作業を行うため、周辺は終日立ち入り禁止となります。ご理解とご協力をよろしくお願いします。



【本日開催】遺跡発掘速報会(県立図書館)

遺跡発掘速報会を本日13:30~16:30で行います。

会場は宮崎県立図書館2階視聴覚室です。

発表遺跡

○松下遺跡(都城市)

○大浦遺跡(都城市)

○小迫遺跡(都城市)

○坪谷城跡(日向市)

です。

無料で途中での出入りは自由ですのでお気軽にご参加ください。



発掘レポ2019 第1回 竹下第2遺跡

 今年度も昨年度に引き続き「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介していきます。現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内2か所(竹下第2遺跡、中浦遺跡)の発掘調査を実施しています。

 今年度第1回のレポートは、竹下第2「たけしただい2」遺跡(延岡市)の1回目です。国道218号(貝の畑工区)歩道整備事業に関わる発掘調査です。

 調査はまだ始まったばかりで、表面の土を重機で剥いだところです。これから作業員さんが入り、丁寧に掘り下げていきます。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。

【調査区の様子】



「遺跡発掘成果展2019」(展示会)・「遺跡発掘速報会」(講演会)のお知らせ

2019年8月31(土)~9月23日(月)宮崎県立図書館にて、児湯・県西地域の遺跡を中心に出土遺物や解説パネルなどを展示する遺跡発掘成果展2019を開催します。


また、9月1日(日)には、県立図書館において、平成30年度に県内各地で実施した発掘調査の成果を報告する講演会をおこないます。

詳しくはこちらまで。



台風10号接近に伴う【臨時休館】のお知らせ

台風10号の接近による悪天候のため

埋蔵文化財センター分館(展示施設/宮崎市神宮)は

8月14日(水)の午後(12:00~17:00)

8月15日(木)の終日

臨時休館させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。





1 / 1212345...10...最後 »
ページの先頭へ