ホーム > 新着情報

新着情報

埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第6回 「中世の城館跡 笹ヶ崎遺跡(都城市)」のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に、宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第6回「中世の城館跡 笹ヶ崎遺跡(都城市)」

 

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 

 日時  平成29年2月19日(日)13:30~15:00

 

 講師  根井 英樹(宮崎県埋蔵文化財センター)

 

 参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

  都城市南部に位置する笹ヶ崎遺跡は、都城志布志道路の建設に伴って発掘調査が行われました。遺跡からは、主に縄文時代早期・前期・後期~晩期、古墳時代、古代~中世といった幅広い時代の遺構や遺物が発見されました。なかでも中世では、掘立柱(ほったてばしら)建物跡や堀切(ほりきり)、土塁(どるい)、犬走(いぬばしり)状遺構などの遺構が見つかりました。遺物も、当時貴重だった輸入陶磁器が数多く出土しており、笹ヶ崎遺跡は防御施設を備えた当地の有力者の居館跡であったと考えられます。  今回の講座では、見つかった遺構や遺物、発掘調査を通してわかったことを解説するとともに、実際に出土した実物資料についても紹介します。

                         

 



埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第5回 「縄文時代後晩期の土器群 中床丸遺跡(都城市)」のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に、宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第5回「縄文時代後晩期の土器群 中床丸遺跡(都城市)」

 

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 

 日時  平成29年1月15日(日)13:30~15:00

 

 講師  永野 一美(宮崎県埋蔵文化財センター)

 

 参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

  都城市南部に位置する中床丸遺跡は、都城志布志道路の建設に伴って発掘調査が行われ、主に縄文時代早期・後期~晩期、古代~中世の遺構や遺物が発見されました。縄文時代後期~晩期では、土器や石器が大量に出土しました。なかでも、南九州の縄文時代後期の典型的な土器である市来式土器や草野式土器が数多く見つかっています。
 今回の講座では、見つかった遺構や遺物、発掘調査を通してわかったことを解説するとともに、実際に出土した土器や石器などの実物資料についても紹介します。



「ふるさと発掘!埋文キャラバン」西米良会場のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター移動展示会

「ふるさと発掘!埋文キャラバン」西米良会場は11月20日(日)閉幕です。

 

 展示資料総数220点、西米良村に関連する展示品として西南戦争で使用された「スナイドル銃」も展示しています。また、明治初期の「米良領図」(土日のみ)も展示しています。

 会場では、図録もかねた「みやざきの埋蔵文化財ハンドブック」も無料配布いたしております。まだご覧になっていない方は、ぜひ会場までお越しくださいますようお願いします。

 

会場:西米良村保健センター(診療所に隣接)

観覧時間:8:30~17:00(体験は16:30まで)   

 



埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第4回 「山の恵みと縄文人 前畑・坂ノ上遺跡(日南市)」のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に、宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第4回「山の恵みと縄文人 前畑・坂ノ上遺跡(日南市)」

 

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 

 日時  平成28年12月18日(日)13:30~15:00

 

 講師  吉本 正典(宮崎県埋蔵文化財センター)

 

 参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

  縄文時代の始まりの頃は、気候が次第に温暖化し、植生や動物の様相が現在の日本列島に近くなっていきました。そのような自然環境に適応して成立した文化が 縄文文化と呼ばれており、環境保護の重要性が認識されつつある現代の私たちにとって大きな指針となる時期ともいえるでしょう。
 今回の講座では、日南市の内陸部で発掘調査が行われた坂ノ上遺跡(塚田)、前畑遺跡(大窪)の調査成果から、縄文時代早期(今から約9,000年前)の当地域の人々が、どのように暮らし、活動していたのか、写真や出土した資料をもとに探ります。
 



施設公開2016のお知らせ

 

施設公開2016のお知らせ】

 

まもなく開催!!
 

宮崎県埋蔵文化財センター
 

「施設公開2016」 
 

埋文センターで考古学体験 のおしらせです!  
 

日時~11月3日(木・祝)文化の日 

   10:00~16:00
 

場所~埋蔵文化財センター分館

   (宮崎市神宮 総合博物館隣り)

 

 いろいろな体験ができますよ!

 

 入場無料・申込不要です!

 

 センター職員一同お待ちしております!!
 

*詳しくは、以下のチラシをダウンロードしてご覧ください

 

 http://www.miyazaki-archive.jp/maibun/wp/wp-content/uploads/施設公開チラシ2016.pdf




平底第2遺跡~現地説明会&体験発掘のお知らせ

 

平底第2遺跡~現地説明会&体験発掘のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センターでは、平底第2遺跡(日之影町)において、現地説明会と体験発掘を実施します。参加は無料ですので、ふるってご参加ください。

 

[日時]平成28年9月25日(日) 雨天決行 

    ※ 雨天時の体験発掘は中止

  【説明会】午後1時30分~午後3時(申込不要)

   【体験発掘】午後2時~3時     (要申込:30名)

 

[場所]平底第2遺跡(日之影町大字七折)

    ※ お車でお越しの方は、駐車場は、平底コミュニティー

     センターを御利用ください。

 

[体験発掘申込方法]

  <対象>小学生以上(低学年は保護者同伴)

  <申込先>電話(平底第2遺跡~携帯090-6926-4544)

  <締め切り日>9月24日(土)

  ※ 体験発掘に参加される方は動きやすい服装・靴で

   お願いします。

 



移動展示会 ふるさと発掘!埋文キャラバンのお知らせ

 

移動展示会 ふるさと発掘!埋文キャラバンのお知らせ

 

 宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内2会場(国富町・西米良村)において、宮崎県内各地の遺跡で発見された考古資料を公開します。観覧無料ですので、ふるってご参加ください。

   

  【国富会場】 

  [期 間] 平成28年9月17日(土)~10月23日(日) 

  [会 場] 国富町立図書館

  [時 間] 火~金 10:00~19:00

        土・日 10:00~17:00、 休館日:月曜日・祝日

 

 【西米良会場】 

  [期 間] 平成28年11月5日(土)~11月20日(日) 

  [会 場] 西米良村保健センター

  [時 間] 8:15~17:00、 休館日:会期中無休

 

 

 

 

 

 



遺跡発掘速報展2016および遺跡発掘速報会のお知らせ

 [遺跡発掘速報展2016](展示会)

  宮崎県埋蔵文化財センターが近年、整理作業および報告書を刊行した7遺跡の

  展示を行います。

 

1  会 場  宮崎県立図書館  2階特別展示室

2  期 間  平成28年8月19日(金)~9月11日(日) ※ 月曜休館

   時 間  午前9時~午後5時

3  観覧料  無料(事前申込不要)

4  展示する遺跡

         大窪第1遺跡、一本松遺跡、筆無遺跡(都城市)

         戸崎城跡、山ノ口原遺跡(小林市)

         本城跡、高野原遺跡第5地点(宮崎市)

 

 [遺跡発掘速報会](講演会)

  昨年度(平成27年度)に発掘調査を行った遺跡の概要や整理作業の過程で

  判明した最新の成果について紹介します。

 

1  会 場  宮崎県立図書館  2階視聴覚室

2  日 時  平成28年8月21日(日)

   時 間  午後1時30分~午後4時

3  参加料  無料(事前申込不要)

4  報告する遺跡

         高樋遺跡、平田遺跡、笹ヶ崎遺跡(都城市)

         塚原遺跡(国富町)、潮遺跡(西都市)

         県内古墳調査

 

    



宮崎県埋蔵文化財センター体験講座「石包丁をつくろう」のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センターが発掘した遺跡出土の資料を紹介し、当時の人々が道具をつくった知恵と技術を体験することで、埋蔵文化財についての関心を深めてもらうことを目的として講座を開催します。

 

1 講 座 名  埋文センター体験講座「石包丁をつくろう」

2 主  催  宮崎県埋蔵文化財センター

3 会  場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館東隣)

4 日  時  平成28年8月7日(日)13:30 ~16:00

5 内  容  県内出土の石包丁の特徴や使用法などとともに弥生時代の遺跡や

        遺物について学習します。実習では、県内の弥生時代遺跡から発

                        掘された石包丁をもとに作成した石膏(せっこう)レプリカに、

        穿孔(せんこう)をほどこす作業をおこない、当時の人々の技術

        を体感します。

6 定  員  25名(先着順)

7 対  象  小学生以上(低学年は保護者の参加が必要)

8 参 加 料     無料

9 申  込  事前申込が必要

10 申込方法  電話・FAXで申し込む(※Eメール不可)

11 申込内容  講座名、参加者全員の氏名(小中学生は学年)、連絡先(電話

         番号)
        
12 講  師  埋蔵文化財センター普及資料課職員

 



埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第2回「災害と埋蔵文化財」のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に、宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第2回「災害と埋蔵文化財」

 

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 

 日時  平成28年6月19日(日)13:30~15:00

 

 講師  和田理啓(宮崎県埋蔵文化財センター)

 

 参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 阪神・淡路大震災や東日本大震災などの災害からの復興に伴い、埋蔵文化財の調査が行われています。実際に両震災において派遣され、埋蔵文化財調査に従事した職員の体験から、実際の発掘調査の事例も交え、災害復興時における埋蔵文化財調査の課題と意義についてお話しします。



平成28年度の発掘調査がスタートしました。

平成28年度の発掘調査が5月からスタートしました。

 

  [嫁坂遺跡]<都城市>

   【平成28年5月9日~平成29年2月17日(予定)】

  

  [塚原遺跡(H・I・J地区)]<国富町>

   【平成28年5月30日~平成29年2月28日(予定)】

  

  [平田遺跡(二次)]<都城市>

   【平成28年6月6日~平成29年2月21日(予定)】

 

 近隣の方々に、ご迷惑をおかけするかもしれませんが

どうぞよろしくお願いします。

 新しい発掘調査情報も、随時更新していく予定です。

トップページの発掘調査情報からご覧ください。



第1回埋蔵文化財講座 「シラスの下に旧石器人の痕跡あり! 山ノ口原遺跡(小林市)」のおしらせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5月の第3日曜日に、過年度報告書を刊行した遺跡についての最終成果をわかりやすく報告する講座を開催しています。

 第1回 埋蔵文化財講座

 「シラスの下に旧石器人の痕跡あり! 山ノ口原遺跡(小林市)」

 

会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

日時  平成28年5月15日(日)13:30~15:00

講師  松浦朋彦(埋蔵文化財センター)
   
参加料  無料・申し込み不要

遺跡の概要
 山ノ口原遺跡は、小林市東方に位置する遺跡で、発掘調査で旧石器~縄文時代の遺物や遺構が確認されました。今回確認された旧石器時代の礫群や黒曜石の石器といった遺物は今までの調査ではあまり見つかっておらず、小林市域の旧石器文化を考える上で貴重な資料となっています。
 今回の講座では、調査成果の発表とともに、山ノ口原遺跡から出土した土器や石器などの実物資料を展示します。



平成28年度のイベント情報をお知らせします。

平成28年度イベントカレンダーをアップしました。

年間6回実施する埋蔵文化財講座や国富と西米良の埋文キャラバン、恒例の施設公開などのイベントについてのおしらせです。

トップページのイベント情報からご覧ください。



埋文キャラバン川南会場開幕です。

宮崎県埋蔵文化財センター移動展示会

「ふるさと発掘!埋文キャラバン」川南会場は11月18日開幕です。

 

展示資料総数220点、川南町出土の土器や石器約160点も展示しています。

観覧時間:9:00~17:00   休館日:11月24日(火)、11月30日(月)

会場では、図録もかねた「みやざきの埋蔵文化財ハンドブック」も無料配布いたします。

 

また11月23日(月・祝)はキャラバン講座!

拓本体験講座や竪穴住居のペーパークラフト、土器と石器の相談会、

講座「宮崎の遺跡と埋文センター」、ギャラリートーク(展示解説)などを実施します。

いずれも申込み不要、参加料無料です。

 



施設公開「埋文センターで考古学体験」のおしらせ

毎年恒例の施設公開の季節がやってきました。

埋文センターの業務内容の体験とともに遺跡や遺物に親しんでいただくイベントを準備しました。

お誘い合わせで是非おいでください。

ご来場の方にわかりやすい「みやざきの埋蔵文化財ハンドブック」をプレゼント。

日時  平成27年11月3日(火・文化の日) 10時00分~16時00分
場所  宮崎県埋蔵文化財センター分館(復元整理室及び展示室・玄関)
入場無料・申込み不要
内 容   
分館展示の解説・遺物の水洗い体験・土器の拓本しおりづくり・土器の接合体験 ・ドングリつぶし体験 ・石器レプリカ体験 ・発掘疑似体験 ・竪穴住居ペーパークラフトなど


 



「埋文キャラバンinイオンモール宮崎」を開催します

埋文キャラバンinイオンモール宮崎

今年度、五ヶ瀬町と川南町で開催する移動展示会「ふるさと発掘!埋文キャラバン」の関連イベントとして、イオンモール宮崎でパネル展と体験イベントを実施します。

場所  イオンモール宮崎 2F アスビー前ブリッジ

日時  2015年10月24日(土)・25日(日) 

     体験イベント 9:00~17:00

内容  ・発掘した土器や石器のミニ展示会

    ・弥生時代の竪穴住居ペーパークラフト

    ・どき土器パズル

※ 小冊子「みやざきの埋蔵文化財ハンドブック」をプレゼント

   (数に限りがあります) 

※ パネル展示と土器パズルは10月22日~10月26日まで展示します。

 

  



平成27年度 施設公開「埋文センターで考古学体験」を実施します

本年度、県内2会場で実施中の移動展示会『ふるさと発掘!埋文キャラバン』や文化財保護強調週間(11月1日~7日)に合わせ、広く一般に埋蔵文化財センターの施設や作業の様子を公開し、センター業務への理解と埋蔵文化財の保護についての意識の啓発を図ります。

 施設公開  「埋文センターで考古学体験」 

会 場  宮崎県埋蔵文化財センター 分館(県総合博物館隣)
日 時  平成27年11月3日(火) 10:00~16:00
事前申込み不要(当日受付)・参加無料
内 容  
  ○ 展示見学コーナー
      ・展示室に発掘調査の成果を展示します。
  ○ 業務体験コーナー
     ・遺物の洗浄・・・・・発掘で出土した土器等の土や汚れを洗う作業です。
   ・土器の接合・・・・・土器の破片をくっつけて元の姿にもどす作業です。
   ・拓本しおり・・・土器の文様を紙に写し取り、しおりを作ります。
  ○お楽しみ体験コーナー
      ・ドングリつぶし体験・縄文人のように石器でドングリをつぶす体験です。
  ・石器レプリカ作製・・旧石器時代の石器のレプリカを作る体験です。
  ・発掘疑似体験・・・・土器(模型)を土の中から発掘する体験です。
  ・ペーパークラフト作製・・弥生時代の住居のペーパークラフトを作ります。

 



埋文キャラバン五ヶ瀬会場が開幕しました。

宮崎県埋蔵文化財センター移動展示会

「ふるさと発掘!埋文キャラバン」五ヶ瀬会場が9月18日より開幕しました。

展示資料総数235点、五ヶ瀬町の広木野遺跡、高千穂町の神殿遺跡、宮ノ前第2遺跡など地域の遺跡も紹介しています。

10月12日までの期間中無休、観覧時間は9:00~17:00です。

会場では、図録もかねた「みやざきの埋蔵文化財ハンドブック」も無料配布いたします。

また9月27日(日)はキャラバン講座!

拓本体験講座や竪穴住居のペーパークラフト、土器と石器の相談会、講座「宮崎の遺跡と埋文センター」、ギャラリートーク(展示解説)などを実施します。

いずれも申込み不要、参加料無料です。

 



移動展示会「ふるさと発掘!埋文キャラバン」開催のおしらせ

 宮崎県埋蔵文化財センターは埋蔵文化財保護行政の普及をめざしたアウトリーチ活動として県内2会場での移動展示会を実施いたします。

今回の移動展示会では、県埋蔵文化財センター所蔵資料の中から選りすぐりの逸品や、地域に関連する資料で構成し、県民の皆さんに郷土の歴史に触れていただく機会とします。

また、展示会期間中には埋蔵文化財センター職員による各種講座、土器と石器の相談会なども開催します。 

会場・会期
    ① 五ヶ瀬会場:五ヶ瀬町自然の恵み資料館 
      会期:平成27年9月18日(金) ~10月12日(月・祝)    
 
             期間中無休 
    ②   川南会場:川南町立図書館  
      会期:平成27年 11月18日(水) ~12月6日(日)

     休館日 11月24日(火)、11月30日(月) 

観覧料  無料
     
展示内容:石器時代から近世まで、歴史の流れに沿って県内出土の代表的な遺物を解説パネルと共に展示します。あわせて、開催地区に関連する遺物も展示します。

関連行事  埋文キャラバン講座
     ① 五ヶ瀬会場         平成27年  9月27日(日)
     ② 川南会場           平成27年 11月23日(月・祝)     

※ 宮崎の埋蔵文化財についての講座、展示会場ガイドツアー、埋蔵文化財センターの事業紹介、拓本体験、土器や石器の相談会などを実施予定

主  催  宮崎県埋蔵文化財センター

共  催  五ヶ瀬町 五ヶ瀬町教育委員会 川南町 川南町教育委員会

後  援 朝日新聞社 毎日新聞社 読売新聞西部本社 西日本新聞社 
       宮崎日日新聞社 夕刊デイリー新聞社 NHK宮崎放送局 
       MRT宮崎放送 UMKテレビ宮崎 エフエム宮崎


 



遺跡発掘速報会(講演会)のおしらせ

県立図書館で展示会「遺跡発掘速報展2015」の開催期間中の8月30日に当センターの平成26年度の発掘調査の成果をご報告する講演会を実施します。   

  日 時 平成27年8月30日(日) 13:30~16:00

  会 場 宮崎県立図書館、2階研修ホール  

  参加料・申込み 無料・事前申込不要
 
   報告遺跡 中床丸遺跡・笹ヶ崎遺跡・一本松遺跡(都城市) 戸崎城跡(小林市)
        鍋倉第2遺跡(えびの市) 百塚原古墳群(西都市)
 
  ※ 発表遺跡について遺物の展示も実施します。

  主 催 宮崎県埋蔵文化財センター        共 催 宮崎県立図書館





1 / 512345
ページの先頭へ