ホーム > 新着情報 > 第5回埋蔵文化財講座「古代日向の国府に迫る 寺崎遺跡(西都市)」のお知らせ

新着情報

第5回埋蔵文化財講座「古代日向の国府に迫る 寺崎遺跡(西都市)」のお知らせ


投稿日: 2017年12月19日

  宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。本年度は、宮崎県埋蔵文化財セン ター設立35周年を記念して、宮崎県教育委員会が発掘した遺跡についての最終成果を報告します。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第5回「古代日向の国府に迫る 寺崎遺跡(西都市)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  平成30年1月21日(日) 13:30~15:00

   講師  吉本 正典(宮崎県埋蔵文化財センター)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 国府とは、古代(奈良・平安時代)の「国」をおさめる役所とその周辺の施設群などを含めた空間を指します。今の宮崎県域にほぼ相当する「日向国」の国府は、その場所が特定できていませんでしたが、平成10年度に宮崎県教育委員会が行った位置確認のための発掘調査によって、西都市の妻北地区にある寺崎遺跡で大きな瓦葺き建物跡や築地塀の跡、硯(すずり)や文字を書いた土器などがみつかり、その地に国府が所在することが判明しました。
 今回の講座では、日向国府と位置の特定に至る永年の取り組みや、発掘調査の成果について解説し、実物資料もまじえて古代の日向国の情景について想像していきます。

ページの先頭へ