ホーム > 新着情報 > 出前講座に伺いました(川南町立通山小学校)

新着情報

出前講座に伺いました(川南町立通山小学校)


投稿日: 2019年5月29日

宮崎県埋蔵文化財センターでは、職員が土器や石器などの遺物を持参し、学校や団体の皆さんに、地域・周辺の歴史についてお話しする「出前講座」を行っています。

 

 川南町立通山小学校さんからご依頼を受け、5月10日(金)に6年生に向けて「みやざきの歴史~旧石器時代から古墳時代まで~」というテーマで出前講座を行いました。講座では、まず最初に川南町内の遺跡について各時代ごとに説明した後、川南町の遺跡から出土した遺物を中心とした展示を間近で観覧し、最後に実際に遺跡から出土した遺物を触ってもらいました。子供たちは、初めて知る地元の歴史に興味津々で、楽しんでもらえたようです。

【展示した遺物】

 

【授業の様子】

 

 

 このほか今年度は、西米良村立村所小学校にも伺わせていただきました。

出前講座」は、社会科の学習、総合的な学習の時間はもちろん、家庭教育学級などにも対応可能です。

 また、様々なイベントにおける、本物の土器や石器、解説・写真パネルなどの「出前展示」のご希望にもお応えします。いずれも費用はかかりません。ただし日程調整や準備に時間が必要なため、必ず期間に余裕を持って事前に普及資料課まで(0985-21-1600)ご相談ください。

ページの先頭へ