ホーム > 新着情報 > 【中止になりました】3月埋文講座 第6回「歩いてわかった宮崎の古墳 みやざきの古墳保護・活用事業」

新着情報

【中止になりました】3月埋文講座 第6回「歩いてわかった宮崎の古墳 みやざきの古墳保護・活用事業」


投稿日: 2020年2月20日

宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7・1・2・3月の第3日曜日に、近年報告書が刊行された遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡について、その最終成果をわかりやすく報告する講座を開催します。

令和2年3月は、平成29~令和元年度の3年にかけ、県内に残る古墳の保護活用を目指して行われた事業「みやざきの古墳保護・活用事業」についての活動報告です。参加料無料、申し込み不要です。その活動に伴い行われた百塚原古墳群(西都市)の確認調査でみつかった貴重な資料も展示します。

参加料無料、申込み不要です。


 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第6回「歩いてわかった宮崎の古墳 みやざきの古墳保護・活用事業)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  令和2年3月15日(日) 13:30~15:00

   講師  日髙広人・黒木俊彦(埋蔵文化財センター)、髙橋浩子(宮崎県教育庁文化財課)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 宮崎県は、平成25~28年度にかけて県内に残る古墳の保護活用を進めるため、古墳本来の規模や形状・造られた時期などを把握する「重要古墳等保護活用推進事業」を行いました。
その継続事業である「みやざきの古墳保護・活用事業」では平成29~令和元年度の3年間、重要古墳等の調査(確認調査、墳丘測量調査、地中レーダー探査)、古墳データベースの作成(悉皆調査)、古墳の保護啓発活動を行いました。
 講座ではこうした活動の成果を詳しく紹介するとともに、重要古墳等の発掘調査で出土した遺物の展示・解説を行います。

ページの先頭へ