トップページへもどる

どんなところ? どんなところ?
総合博物館本館
総合博物館本館
西都原古代生活体験館
民家園
ご利用あんない ご利用あんない
イベントのごあんない イベント・展覧会・ 講座
展示解説員 展示解説員
博物館実習 博物館実習
よくある質問 よくある質問
ダウンロードサービス ダウンロードサービス
総合博物館の歴史 総合博物館の歴史
博物館友の会 博物館友の会
どんなところ?
高原町「旧黒木家住宅」
高原町「旧黒木家住宅」  国指定重要文化財
旧黒木家住宅は、高原町にあった郷士(ごうし)の建物を移築復元したものです。
この民家は、宮崎県南西部に分布する分棟型農家の典型で、平入の「オモテ」と妻入の「ナカエ」の2棟からなっています。
発見された墨書によって、郡奉行の御用宿を勤めたことと、天保5(1834)年から2年間かけて建てられたことがわかっています。
指 定 日:
昭和48年2月23日
移  築:
昭和49年9月〜50年8月
旧所有者:
黒木嘉民氏
旧所在地:
宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田
建築年代:
天保5(1834)年〜
天保7(1836)年
構造・面積:
オモテ 寄棟造・平入・茅葺 69.62m2
ナカエ 寄棟造・妻入・茅葺 62.26m2
高原町「旧黒木家住宅

間取り図



前へもどる

Copyright(C) Miyazaki Prefectural Museum of Nature and History 2003. All rights reserved.