詳細

交響詩霽日
 ( コウキョウシセイジツ )

技法 木版
素材 紙,インク
大きさ 137.1×266.9
制作年 1951(昭和26)
作家名 長谷川 三郎
作家名フリガナ ハセガワ サブロウ
所蔵館 美術館
拡大
この作品は、四曲の屏風に仕立てられている。いくつかの幾何学的なパターンが組み合わされているが、これらは、かまぼこ板でつくった版木をスタンプのように押して制作したものである。長谷川は、「線がスペースを美しくし、スペースが線を美しくする。」と述べている。この発想は、長谷川が晩年に強い興味を持った書と通じるところがある。ただの白い紙にも、1本の線がひかれることによって、互いに作用し合い、まわりの空間が意識されるようになる。この作品でも、白い空間は黒の配置によって決定され、緊張や弛緩などの動きが生まれる。

関連情報

長谷川 三郎  ( ハセガワ サブロウ )
noimage
作家名 長谷川 三郎
フリガナ ハセガワ サブロウ
生地 山口県
生年 1906(明治39)
没年 1957(昭和32)