ホーム > 展示情報

展示情報

公開中の遺物

テーマ展示①県北の遺跡 「赤木遺跡第8地点」

   赤木遺跡は、五ヶ瀬川流域に広く分布する阿蘇火砕流堆積物が、五ヶ瀬川本流やその支流行縢川によって浸食されできた東西方向の丘陵の、ほぼ頂上部に位置しています。そのなだらかな丘陵は標高約49m であり、丘陵の基底部には湧水が存在しています。
 この遺跡は、昭和60年(1985年)に保育園建設に伴い延岡市教育委員会が実施した発掘調査で後期旧石器時代のナイフ形石器や細石器が発見されて以来、複数回の調査が行われ、そのたびに貴重な成果が得られた宮崎県内でも有数の旧石器時代の遺跡です。
 北方延岡道路建設に伴う赤木遺跡の調査地点は、第8地点とされ、丘陵の東の端にあたる場所です。宮崎県埋蔵文化財センターは平成15年(2003年) ~平成18年(2006年)にかけて3次の発掘調査を実施しました。

テーマ展示①県北の遺跡 「山田遺跡」

   山田遺跡は、延岡市西部に位置する行縢山を北東にのぞみ、南の五ヶ瀬川に流れ込む細見川の作る谷間の平地から約5Omの稜線上に登った台地に立地しており、北方延岡道路建設に伴って調査が行われました。調査の結果、旧石器時代の複数の時期にわたって、礫群や石器ブロック、陥し穴状遺構などが検出され、また、縄文時代早期の集石遺構や配石遺構、炉穴群も多数確認することができました。また、弥生時代から古墳時代にかけての竪穴住居跡や周溝墓、中世の掘立柱建物跡や溝状遺構なども確認されました。本遺跡で確認された遺構・遺物は、各時代における当地域の人々の生活を知る上で大変貴重な資料です。

竹ノ内遺跡(宮崎市)

    竹ノ内遺跡は、清武町内を東に向かって流れる清武川右岸の標高約60mのシラス台地のへりに位置しています。町内の川沿いには河岸段丘が発達し、台地の崖面には、わき水がみられ、遺跡立地の好条件が備わっています。町内の遺跡の大半はこの段丘面に形成されていまず、本遺跡は、一般県道清武インタ一線道路改築工事に伴って調査が行われました。本遺跡は、旧石器時代、縄文時代早期・後期・晩期、弥生時代、古墳時代、古代、中世、近世にまたがる複合遺跡でした。調査の結果、本遺跡は長い期間の人間の営みの中で縄文時代後期に最盛期があったと考えられます。各時代に多数の遺構を検出し、遺物量はコンテナ667箱も出土した県内有数の遺跡です。遺物の中には、岩偶、石偶、土偶やサンゴやヒスイでできた装飾品など県内でも報告例の少ない貴重な遺物が出土しています。

宮崎学園都市遺跡群の遺物

宮崎学園都市遺跡群は、現在の宮崎大学、学園木花台地区に所在した遺跡で宮崎学園都市開発整備事業にともなって、宮崎県教育委員会が1980(昭和55) 年から1987(昭和62)年の8年を費やし発掘調査を実施しました。

発掘調査は23箇所(遺跡)について実施され調査対象面積は約40㏊におよんでいます。遺跡群は、宮崎大学が立地する宮崎市南部の大字熊野から清武町大字 木原にまたがる標高15mから20mの洪積台地を中心に分布し、旧石器時代から縄文、弥生、古墳、古代、中世、近世の全時代にわたる遺構や遺物を確認する ことができました。

調査は、これまでにない大規模なもので、面的な調査ができたので、質、量ともに豊富な考古学的知見を得ることができました。 出土した遺物は、宮崎県総合博物館、西都原考古博物館に一部を常設展示しているほかは、当センターに収蔵しており、学校などを対象とする各種の講座 や展示会で活用しています。

今回は宮崎学園都市遺跡群の弥生時代の集落遺跡である熊野原遺跡の甕、壺、高坏などの弥生土器の石包丁や砥石などの石器、ガラス小玉や管玉などの装身具、平畑遺跡の縄文土器などを展示しています。

テーマ展示 保存処理とは

埋文センター分館では発掘現場から出土した金属製品や木製品など壊れやすい遺物の保存処理を実施しています。今回の展示では金属製品のクリーニングや保存のための脱酸素処理、木製品のトレハロース法による保存処理などについて紹介しています。

坂ノ上遺跡(日南市)

坂ノ上遺跡は、細田川右岸の標高76mの丘陵地に位置しています。調査は、広域農道の整備事業にともなって実施され、縄文時代早期の竪穴建物跡や集石遺構、土坑などの遺構と、縄文土器や円盤形土製品、磨製石斧、磨石、敲石、打製石鏃などの遺物がみつかりました。
 

前畑遺跡(日南市)

前畑遺跡は、南那珂山地に囲まれた集落(寺村地区)の背後に広がる丘陵地の端に位置し、遺跡の南に広がる小規模な谷底低地から20mほど高いところにあります。調査は、広域農道の整備事業にともなって実施され、縄文時代早期の遺構や遺物、中世から近世にかけての墓地の遺構や遺物がみつかりました。

 

中床丸遺跡(都城市)

中床丸遺跡は、旧石器時代から中世までの遺構や遺物がみつかった複合遺跡です。縄文時代早期の調査では集石遺構11基がみつかりました。また、縄文時代後期から晩期の調査では、遺構数は少ないながら、縄文時代後期の九州を代表する土器型式として知られる「市来式(いちきしき)土器」など多量の縄文土器がみつかりました。今回発掘された縄文土器は、幅の広い文様帯を持つもの、コブ状突起をもつものなど、バリエーションに富んでおり、南九州の縄文時代後期から晩期の文化を考える上で重要な資料です。

山ノ口原遺跡(小林市)

 山ノ口原遺跡は、小林市東方の標高約300mの山間のやせ尾根上にあり、旧石器時代から縄文時代早期の遺構や遺物が見つかっています。旧石器時代では、約28000年前に噴出した入戸火砕流堆積物(シラス)の直下から、調理施設と考えらるれ約31000年前の礫群やナイフ形石器、スクレイパーなどの石器が確認されました。これら石器の材料として、特に6種類の鹿児島県産黒曜石の割合が高いことが、この遺跡の特徴です。今回確認された旧石器時代の遺構や遺物は、小林市では火山灰層が厚いため、今までの調査ではあまり見つかっておらず、特にシラス下のものは初めてとなります。そういった意味で、小林市域の旧石器文化を考える上で貴重な資料となっています。この他にも、約9~7千年前の縄文時代早期の土器や石鏃などの石器が見つかっています。

現在の展示状況

平成28年12月の展示状況

ページの先頭へ