宮崎県立美術館
宮崎県立美術館外観 ロビー
宮崎県美術展

様々な特別展をとおして、国内外の素晴らしい作品を紹介します。
また展覧会とともに、講演会やギャラリートークなども開催します。

 

次回の展覧会については準備中です。

 

平成29年度特別展覧会 会期

展覧会予定1

重要文化財 金溜塗具足(徳川家康所用)

家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展―久能山東照宮」

 

静岡県静岡市の久能山東照宮は、初代将軍徳川家康が埋葬された神社であり、国宝・重要文化財230点を含む2000点を超える美術・工芸品を所有しています。
本展では、徳川家康が亡くなり神として祀られた元和二(1616)年から四百年の節目を記念し、久能山東照宮が所有する美術・工芸品の中から、徳川将軍家の歴史を体現する歴代将軍の甲冑勢揃い(九州初)をはじめ、歴代将軍の遺品などを選りすぐって展示し、武家文化の精髄を紹介します。

平成29年4月8日(土)
〜5月28日(日)

 

終了しました

エドガー・ドガ「マネとマネ夫人像」

 

夢の美術館―めぐりあう名画たち―

 

福岡市美術館と北九州市立美術館の名品68点が本県にやってきます。
両館の改修工事に伴う休館のため実現可能となった“夢の美術館”です。
ダリの「ポルト・リガトの聖母」、ウォーホルの「エルヴィス」、ドガの「マネとマネ夫人像」などを宮崎で鑑賞できる貴重な機会です。

 

平成29年7月22日(土)
〜9月3日(日)

終了しました

伊東マンショ

豊原国周「東けい三十六會席 柳ばし そめ」

あそぶ浮世絵 にゃんとも猫だらけ

 

猫が描かれた浮世絵版画を集めた展覧会です。愛猫家として知られた歌川国芳など浮世絵約130点によって、江戸の人々と猫との楽しく、愉快な暮らしぶりをうかがうことができます。楽しく鑑賞できる展覧会です。

平成29年10月28日(土)
〜12月3日(日)
終了しました

 

左)川崎毅「街」 右)矢野静明「歩く人」

川崎毅と矢野静明

 

本県出身の2名の作家に焦点を当てた展覧会です。川崎毅はシンプルな形の組み合わせによる立体表現、矢野静明は繊細な線と色彩による平面表現。二人の静かで心にしみる独特の世界を紹介します。

 

平成30年1月5日(金)
〜2月4日(日)

 

終了しました

 

第44回宮崎県美術展

第44回宮崎県美術展


県内在住、および県出身の方々を対象とした公募展です。
絵画、彫刻、書、写真、工芸、デザイン、映像の7つの分野でそれぞれ入賞、入選した作品を展示します。

平成30年3月3日(土)
〜3月18日(日)

 

過去の特別展はこちら(PDFファイル308KB)

 

お問い合わせ先
〒880-0031 宮崎市船塚3丁目210番地
宮崎県立美術館 学芸担当
TEL. 0985-20-3792