宮崎県立美術館
宮崎県立美術館外観 ロビー
コレクション展

当館の収蔵作品を紹介するコレクション展。郷土作家はもちろん、海外の著名な作家の作品も多数紹介しており、
県外から来られたお客様にも大好評をいただいています。コレクション展は年に4回、多彩なテーマを設けて開催します。

第3期 コレクション展

名品セレクションV  

ピエール・ボナール「葡萄を持つ女」

ピエール・ボナール
「葡萄を持つ女」

 宮崎県立美術館では、「郷土出身作家及び本県にゆかりのある作品」、「わが国の美術の流れを展望するにふさわしい作品」、「海外のすぐれた作品」という3つの方針にそって、作品収集をすすめてきました。現在、総収蔵点数は4,000点を超え、全国に誇れる充実したコレクションになっています。

 ここでは、この中から国内、海外の名品、そして当館が誇るシュルレアリスムコレクションの名品を選りすぐって紹介しています。 また、今回は、黒の技法ともよばれる版画、メゾティントの名品を紹介します。

     
宮崎の美術V 〜 版画の みりょく 〜   有田 四郎「製錬所」

有田 四郎
「製錬所」

 版画は、版を介して制作をしていくため、素材や技術上での制約が作品に大きく関わってきます。しかし、そのことにより生まれる効果的な表現も多く、これまでにも多くの作家が版画技法を用い、いろいろな表現で制作をしてきました。

 日本版画協会審査員でもあった版画家の黒木貞雄は、木版による力強い線でエネルギー溢れる作品を残しています。洋画家の加藤正は、エッチングやリトグラフによる魅力的な線や色の表現で、多くの版画作品も制作しています。また、シルクスクリーンを用いた河辺一周の作品には、配色の工夫により生じる色の響き合いが感じられます。

 ここでは、それぞれの版画作品をとおして、それらの魅力をご堪能ください。

     
山口長男と抽象絵画   マーリオ・チェローリ「昇る人と降りる人」

山口長男
「作品」

 日本近現代絵画に大きな足跡を残した山口長男(1902-1983)(明治35〜昭和58年)の作品を展観します。山口は、現在の韓国ソウル市に生まれ、上京後東京美術学校を卒業し渡仏します。佐伯祐三や荻須高徳らと行動を共にした後、ソウルで制作しながら二科会内部の前衛的グループ「九室会」に参加します。

 昭和初期から抽象画を描き始め、画面は次第に簡略化していきます。幾何学的な形を組み合わせるなどした独自の形態を黒や茶、黄土色で塗り込めた山口の作品は、国内外で高い評価を得ました。抽象画でありながら、具体的な対象や自然などの観察を重ねることで得られるイメージをもとに制作されており、無機質な抽象画とは異なる暖かみのある独特の魅力を感じさせてくれます。

 本展示では、1950年代以降の代表的な油彩作品をはじめ、1930年代の初期作品、墨による素描作品や絵付け陶器により幅広い山口の芸術を紹介するとともに、同時代に活躍した抽象作家の作品を併せて紹介します。

     
瑛九の点描   瑛九題不明

瑛九
題不明

 瑛九(本名・杉田秀夫)は、1911(明治44)年に宮崎市で生まれ、自由に表現したいという思いのまま、生涯を通じて写真や版画、油彩など様々な技法に取り組み、常に新しい表現に挑戦し続けました。

 瑛九は、最後に画面を無数の点で埋めつくす抽象絵画に到達します。初めのうちは、形や大きさが不規則な丸やおはじき状だったものが、次第に小さくなり、やがては微細な点へと変化していきます。また、画面は、それまでになく大きなものも描かれるようになりました。絶筆となった大作「つばさ」を制作中の瑛九は、友人に「こうして、筆がすーっと画面に吸いこまれるのですよ」と話し、何千、何万もの点を夢中でカンヴァスに描き込んでいきました。

 無数の点が覆いつくす作品群は、宇宙のような奥行きをもって私たちを包み込み、瑛九の精神を体感させてくれます。


みやざきデジタルミュージアム
コレクション展で展示している当館収蔵作品の画像や解説等(一部)がご覧になれます。

名品
セレクションV

「ユーロップとゼウス神牛」 山口 薫
「肘かけ椅子のベルベット帽の女と鳩」 パブロ・ピカソ
「びんとレモンと赤い壁」 浜口 陽三
「窓辺の猫」 長谷川 潔
「白紙委任状」 ルネ・マグリット

宮崎の美術V

「雨の坪谷川」 黒木 貞雄
「鳥」 黒木 郁朝
「落ちた星座」 加藤 正
「漂う仮面たちは」 加藤 正

山口長男と抽象絵画

「庭」 山口 長男
「黄色いかたち」 山口 長男
「偏」 山口 長男
「汾」 山口 長男

瑛九の点描

「まつり」 瑛九
「つばさ」 瑛九
「眼」 瑛九
「青のれいめい」 瑛九

平成27年度コレクション展

展覧会名 内 容 会 期

第1期

『名品ベストT』
『宮崎の美術T
−1960年代の芸術−』
『器の美
〜銘に込めた思い〜』
『瑛九の世界T』
『現代イタリア彫刻の巨匠たち』

 

ピカソやマティス、川合玉堂や和田英作など、海外作品及び
国内の名品を紹介します。
吉加江京司やサイタ亨、山田新一など、郷土作家の作品を
紹介します。
松山祐利の作品を中心に、作者の作品に込めた思いを『銘』を通して、
紹介します。
瑛九の代表作品とともに、愛をテーマに描かれた作品を特集して
紹介します。
マルティーニら、現代イタリア彫刻の巨匠たちの作品を紹介します。
平成27年
4/24(金)〜
7/7(火)

第2期

たんけんミュージアム2015
『味WOWアート!』

 

子どもから大人まで、どなたでも美術の魅力を味わい、
   作品鑑賞を楽しめる展覧会です。

平成27年
7/12(日)〜
10/4(日)

第3期

『名品ベストU』
『宮崎の美術U
−開館20周年記念名品選−』
『瑛九の世界U』

 

ボナールやルオー、三岸好太郎や北川民次など、海外作品及び
国内の名品を紹介します。
山内多門や益田玉城、塩月桃甫ら郷土作家の名品を紹介するとともに、
新収蔵となった小野彦三郎の作品を紹介します。
瑛九の代表作品とともに、宮崎に関連深い作品を特集して紹介します。

平成27年
10/10(土)〜
12/19(土)

 

第4期

『名品ベストV』
『宮崎の美術V 
−作家の描いた光−』
『美のかたち』
『瑛九の世界V』

 

シニャックやマグリット、海老原喜之助や森芳雄など、海外作品及び
国内の名品を紹介します。
大野重幸や白石俊雄、雨田正など、郷土作家の作品を紹介します。
作品をかたちづくる作家自身の衝動や素材、表現方法に焦点をあて、
戸谷成雄やアンリ・マティスなどの作品を紹介します。
瑛九の代表作品とともに、様々な資料とあわせて、その多様な活動を
紹介します。
平成28年
1/5(火)〜
4/17(日)

過去のコレクション展はこちら(PDFファイル 332KB