ホーム > 新着情報

新着情報

11/23 樋口遺跡現場説明会 開催のようす 

11月23日(水・祝日)に、樋口遺跡(五ヶ瀬町)の現地説明会を開催しました。
午前・午後と2回に分け、参加者の皆様に遺跡の様子を説明、45名の方々にご参加いただきました。

     

     



11/23(水)【現地説明会】樋口遺跡(五ヶ瀬町)の実施について

当センターが実施している五ヶ瀬町の樋口遺跡について、現地説明会を11月23日(水)に開催します。
参加には事前申込が必要です。

詳細はPDFファイル(512KB)をご覧ください。



11/20埋文講座を開催!

日 時  令和4年11月20日(日) 13:30~15:00

会 場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(宮崎県総合博物館 隣)

講 師  堀田 孝博(宮崎県埋蔵文化財センター)

参加料  無料・申し込み不要

調査の概要

宮崎県埋蔵文化財センターでは、宮崎県内の西南戦争の関連遺跡を保存・継承するために西南戦争関連遺跡総合調査を行っています。調査では、宮崎県内の山野を歩き、政府軍(官軍)と薩軍が構築した防御施設の遺構を中心に記録を行っています。塹壕(ざんごう)や堡塁(ほるい)、台場(だいば)と呼ばれる防御施設の遺構は県内のほぼ全域に残っており、多くの地域が戦争に巻き込まれたことを示しています。さらに遺構周辺からは両軍が撃ったとされるツンナール銃やスナイドル銃、エンフィールド銃などの銃弾や茶碗、煙管(きせる)、寛永通宝、2銭銅貨などが確認されています。



11/6(日)開催!施設公開

埋蔵文化財センターの業務を皆さんに体験していただくイベントです。

石器レプリカづくりや発掘疑似体験など、家族で楽しめる内容となっています。

今年度も総合博物館と共同開催しています、参加無料・申込不要です。

どうぞお気軽にお越しください。

 

1 名称 施設公開「埋文センターで考古学体験」

2 日時 11月6日(日) 10:00~16:00

3 会場 宮崎県埋蔵文化財センター分館(総合博隣り)

※駐車場は総合博駐車場のご利用をお願いします

4 参加料 無料

5 参加申込 不要

 

 

 

 



10/25開催!移動展示会「ふるさとの遺跡再発見」日之影会場

 

崎県埋蔵文化財センターには、県内各地の発掘調査で出土した膨大な資料が収蔵されています。その成果を地域に還元するため、県内の各地域で展示や講座を行うことにより、地元の歴史や文化財に親しむ機会を提供します。

 

 

1 名  称      令和4年度 宮崎県埋蔵文化財センター発掘成果地域還元事業

移動展示会「ふるさとの遺跡再発見」日之影会場

2 主  催   宮崎県埋蔵文化財センター

3 共  催   日之影町、日之影町教育委員会

4 会  場   日之影町役場町民ホール

5 日  時      令和4年10月25日(火)~11月13日(日)

9:00~17:00  会期中無休

6 観 覧 料   無  料

7 関連講座    日 時  令和4年10月30日(日) 10:00~15:00

会 場 日之影町役場 町民ホール
内 容・時間
・ギャラリートーク(展示解説)
① 10:00~10:30 ②13:00~13:30
・体験講座(石器レプリカ作成、拓本体験ほか)
① 10:00~12:00 ②13:00~15:00

8 展示内容

今回の移動展示会では、県北地域や日之影町の遺跡の資料を中心に、約700点もの出土品を旧石器時代、縄文・弥生時代、古墳時代、古代~近世の4時期に分け展示を

行います。
なかでも、宮崎県を代表する日之影町の遺跡、出羽洞穴(いずるはどうけつ)(日之影町)出土の石器は一見の価値ありです。
また、10月30日(日)には午前10時より同会場にてギャラリートーク(展示解説)、石器レプリカづくりなど、展示関連講座を開催します。いずれも入場無料です、どうぞお気軽にお越しください。



10/17開催! 西南戦争関連遺跡総合調査 成果展示会「西南戦争と七熊山 145年の時を超えて」

宮崎県埋蔵文化財センターが現在進めている西南戦争関連遺跡総合調査の成果を紹介する展示を小林市教育委員会との共催で実施します。

展示では西南戦争において西諸県地域最大の激戦地と伝えられる七熊山(小林市須木村)の調査を取り上げ、七熊山をめぐる戦闘経過の解説、七熊山で発見された遺構・遺物27点を展示し、145年前の状況をとどめた貴重な戦跡が発見されたことを紹介します。

 

 

会  場  ①小林市役所本庁舎1階交流スペース

②小林市役所須木庁舎1階ロビー

会  期  ①令和4年10月17日(月)~10月28日(金)

②令和4年10月31日(月)~11月11日(金)

開催時間 9:00~17:00

※10/17(月)と10/31(月)は10:00~17:00

 10/28(金)と11/11(金)は 9:00~16:00

 

休  館  日 10/22(土)・23日(日)、11/3(木・祝)・5日(土)・6日(日)

観 覧  料  無料



総合博エントランス展示「山河に刻まれた西南戦争の記憶」のお知らせ

総合博物館が開催する特別展「発掘された日本列島2022」に関連して総合博物館と埋蔵文化財センターのコラボレーション企画展示を実施します。
展示では、埋蔵文化財センターが現在進めている西南戦争関連遺跡総合調査の成果を中心に取り上げ、宮崎県内の出土遺物からみえる西南戦争の実像や、戦争が宮崎県に与えた影響について考えます。

会 場 宮崎県総合博物館 1階エントランス

日 時 令和4年9月28日(水)~12月11日(日) 9:00~17:00
休館日:毎週火曜日

観覧料 無料

展示の様子↓

 

 

 



【分館(展示施設)休館9/12~9/23】のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館(展示施設)は特別整理期間のため
9月12日(月)~9月23日(金)の期間休館いたします。
御迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。



8/21・28 遺跡発掘成果展2022 ギャラリートーク&埋文最新情報

現在県立図書館にて開催中の

遺跡発掘成果展2022「再発見!1990年代調査の遺跡~県南・県西編~」

下記の日程で ギャラリートークと 埋文最新情報を実施します。

◯ 8月21日(日) 13:30~14:00

・ギャラリートーク(展示解説)

展示担当職員が展示会場にて解説を行います

◯ 8月28日(日) 13:30~15:00

・埋文最新情報 (視聴覚室)13:30~14:30

昨年度から今年度にかけて発掘調査を実施した3遺跡

上平遺跡(都城市)、陣ノ元遺跡(宮崎市)、羽子場遺跡(美郷町)

現在その発掘成果をまとめる作業中ですが、発掘の様子やこれまでにわかったことなどについて担当者が遺物・画像なども交えて説明します。

・ギャラリートーク 14:30~15:00

展示担当職員が展示会場にて解説を行います



【案内】「宮崎県教育委員会埋蔵文化財専門員」の募集について

【案内】

宮崎県教育委員会では令和5年4月1日に採用する「宮崎県教育委員会埋蔵文化財専門員」(正規職員)を募集しています。(令和4年8月19日まで)

詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kyoikuseisaku/kense/saiyo-shikaku/20210624103624.html



移動展示会で配布中のリーフレット

移動展示会「ふるさとの遺跡再発見」門川会場で配布中のPDFをアップしました。

PDFは下記のリンクからダウンロードできます。

KadogawaLeaflet.pdf(2.5MB)



【開催中】ふるさとの遺跡再発見 門川会場

宮崎県埋蔵文化財センターには、県内各地の発掘調査で出土した膨大な資料が収蔵されています。その成果を地域に還元するため、県内の各地域で展示や講座を行うことにより、地元の歴史や文化財に親しむ機会を提供します。

今年度は門川町、日之影町、宮崎市の3か所で開催します。

入場無料です。皆さまどうぞお気軽にお越しください。

 

令和4年度 宮崎県埋蔵文化財センター発掘成果地域還元事業 移動展示会「ふるさとの遺跡再発見」

主催 宮崎県埋蔵文化財センター

共催 門川町、門川町教育委員会

門川会場 :令和4年7月30日(土)~8月28日(日)

門川町役場町民ギャラリー

9:00~17:00  会期中無休

観覧料 無料

 



8/19 県立図書館にて開催!遺跡発掘成果展2022

県埋蔵文化財センターが発掘調査を行い、その記録をまとめた発掘調査報告書の刊行も、ついに260集を超えました。
今回の成果展では宮崎県埋蔵文化財センターが発掘調査を行った遺跡の中から、1990年代に行った県南・県西地域の発掘調査の資料と、その成果をわかりやすく紹介する展示を行います。

 

展示会名  遺跡発掘成果展2022「再発見!1990年代調査の遺跡~県南・県西編~」

主 催 宮崎県埋蔵文化財センター   共 催 宮崎県立図書館
会 場 宮崎県立図書館 2階特別展示室
日 時 令和4年8月19日(金)~9月4日(日) 9:00~17:00
休館日:8月22日(月)、29日(月)
観覧料 無料

展示遺跡 15遺跡(各遺跡名は以下の通りです)
[都城市] 大岩田上村遺跡、王子原遺跡、畑田遺跡、中尾遺跡、蓑原遺跡、鳩薗遺跡、山ノ田第1遺跡、下大五郎遺跡、虎崩・榎木田遺跡
[えびの市]  妙見遺跡
[都城市・三股町] 樺山・郡元遺跡
[日南市] 坂ノ上遺跡
[高原町] 荒迫遺跡、大谷遺跡
[小林市] 本城原遺跡
○ ギャラリートーク(展示解説)・・・展示担当職員が展示会場にて解説を行います
① 8月21日(日) 13:30~14:00

② 8月28日(日) 13:30~15:00

・埋文最新情報 13:30~14:30
上平遺跡(都城市)、陣ノ元遺跡(宮崎市)、羽子場遺跡(美郷町)
・ギャラリートーク 14:30~15:00

 

 



5/15埋文講座 花木池平遺跡 開催の様子

2020年度に発掘調査を行った花木池平遺跡(都城市山之口町)の調査成果や出土遺物について、当センター職員が解説しました。(参加者29名)

⇒展示の様子はこちらから

   

参加者の皆様、お忙しい中ありがとうございました。

講座参加特典として今年度は埋文カード(仮)を配布します。次回もご期待ください。



動画のアップについて

中止となった埋文講座(2月20日分)に関連して、保木島遺跡(都城市)の発掘成果の概要をまとめた動画をYouTubeにアップしました。

保木島遺跡(都城市)の発掘調査成果(概要) – YouTube



2/20 埋文講座 「都城盆地に花開く縄文ムラ 保木島遺跡(都城市)」

埋文講座 「都城盆地に花開く縄文ムラ 保木島(ほきしま)遺跡(都城市)」の開催について

 

会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(宮崎県総合博物館 隣)

日時  令和4年2月20日(日) 13:30~15:00

講師  今塩屋毅行氏(宮崎県立西都原考古博物館)

参加料 無料・申し込み不要

 

保木島遺跡は、都城市の中心部から南に約8kmの梅北町に位置する遺跡です。
発掘調査の結果、縄文時代(早期、後期~晩期)の遺構や遺物が数多く確認されました。県内では出土例の少ない、全体に縄で文様を施した縄文土器(妙見土器)や耳栓(じせん ※耳飾り)が出土するなど、都城盆地の歴史や文化を明らかにしていくうえで重要な遺跡のひとつです。

 



年末年始の休館(12/28~1/4)のお知らせ

宮崎県埋蔵文化財センター分館(展示施設)は令和3年12月28日(火)から令和4年1月4日(火)まで休館いたします。

令和4年もよろしくお願いいたします。



令和4年度総務課業務支援員の募集について

宮崎県埋蔵文化財センターでは令和4年度会計年度任用職員(総務課業務支援員)を募集します。

詳細は次の

宮崎県ホームページ(外部リンク)

をご覧ください。



11/21 埋文講座「歩いてわかった宮崎の古墳」

埋文講座「歩いてわかった宮崎の古墳~みやざきの古墳保護・活用事業~」

主 催  宮崎県埋蔵文化財センター                                                       会 場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(宮崎県総合博物館隣)
日 時  令和3年11月21日(日)13:30~15:00
講 師  黒木 俊彦(埋蔵文化財センター)
参加料  無 料・申し込み不要

講座の概要:宮崎県は、県内に残る古墳の保護活用を進めるため、重要古墳等の調査(確認調査、墳丘測量調査、地中レーダー探査)や古墳データベースの作成(悉皆(しっかい)調査)、古墳の保護啓発活動を行ってきました。
講座では、こうした活動の成果を紹介するとともに、重要古墳等の発掘調査で出土した遺物の展示・解説を行います。



発掘調査レポ【陣ノ元遺跡(宮崎市)】

ご無沙汰しておりました、発掘調査レポ 11月です。

現在、陣ノ元遺跡(宮崎市)は弥生時代の面を調査しています。

花びらのような形をした住居跡やたくさんの土器片など、当時の人々の生活をうかがわせる資料が確認されています。

11/23(火・祝日)には現場説明会を予定しています(参加者募集は終了しました)。

 

 





ページの先頭へ