ホーム > 新着情報

新着情報

埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第3回「武士の手帖~城下町「飫肥」の事情~飫肥城下町遺跡(日南市)」のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。本年度は、宮崎県埋蔵文化財セン ターが近年報告書を刊行した遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡についての最終成果を報告します。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第3回「武士の手帖~城下町「飫肥」の事情~ 飫肥城下町遺跡(日南市)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  平成30年7月15日(日) 13:30~15:00

   講師  二宮 満夫(宮崎県埋蔵文化財センター)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 平成22年に行った飫肥城下町遺跡の発掘調査地点は、城下町の中でも飫肥藩の上級家臣団の屋敷地が集まる十文字地区にあたります。発掘調査の結果、枯山水(かれさんすい)様式の庭地、竈(かまど)施設、陶磁器などの廃棄坑など、飫肥藩政時代の武家屋敷の構造を知る手がかりを発見することができました。出土した遺物は、屋敷で使用された陶磁器などの生活雑器が中心ですが、陶磁器の中には上級家臣の屋敷地ならではの洒落(しゃれ)た一品や揃い物も見つかっています。また、藩政以前の防衛に特化した深い堀も発見され、戦国時代の緊張した飫肥の様子も判明しました。講座では、発掘調査の成果を詳しく紹介し、展示中の出土遺物の解説を行います。



「移動展示会 土器と石器がやってきた!埋文セレクション」(宮崎会場)開催のお知らせ

移動展示会 土器と石器がやってきた!埋文セレクション」

(宮崎会場)開催のお知らせ

 

 宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内3会場(宮崎市・串間市・小林市)において、宮崎県内各地の遺跡で発見された考古資料を公開します。宮崎会場は、6月5日(火)からスタートしました! 

 特に宮崎会場は、宮崎大学を建設する際の発掘調査において敷地内から見つかった遺物を中心に展示しております。無料ですので、ふるってご観覧ください。

[会場の様子]

  【宮崎会場】 

  [期 間] 平成30年6月5日(火)~7月1日(日) 

  [会 場] 宮崎大学附属図書館本館(木花キャンパス)

  [時 間] 月~金 8:40~21:00  土日 10:00~17:00

        期間中無休



発掘現場レポート2018(第2回)~上高遺跡[第2次](都城市)

 現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内3つの遺跡(上高遺跡・保木島遺跡・小松尾遺跡)の発掘調査を実施しています。今年も昨年に引き続き「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介していきます。

 今年度の発掘現場レポート2回目は、1回目に続いて上高「かみたか」遺跡[第2次](都城市)です。昨年の発掘調査の続きとなります。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。

[遺跡遠景]

[遺跡近景]

[西側土層]

[住居跡?]



「移動展示会 土器と石器がやってきた!埋文セレクション」開催のお知らせ

移動展示会 土器と石器がやってきた!埋文セレクション」

開催のお知らせ

 

 宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内3会場(宮崎市・串間市・小林市)において、宮崎県内各地の遺跡で発見された考古資料を公開します。観覧無料ですので、ふるってご参加ください。宮崎会場は、来週6月5日(火)からスタートです!

   

  【宮崎会場】 

  [期 間] 平成30年6月5日(火)~7月1日(日) 

  [会 場] 宮崎大学附属図書館本館(木花キャンパス)

  [時 間] 月~金 8:40~21:00  土日 10:00~17:00

        期間中無休

 

   【串間会場】 

  [期 間] 平成30年7月23日(月)~8月24日(金) 

  [会 場] 串間市中央公民館

  [時 間] 9:00~18:00 ※ 8/4は、10:00~16:30 

         休館日:日曜・祝日

 

  【小林会場】 

  [期 間] 平成30年11月18日(日)~12月1日(土) 

  [会 場] 小林市役所 市民交流スペース

  [時 間] 月~金 8:30~17:00  土日祝 10:00~16:00

        期間中無休




ご来館ありがとうございます

 5月25日(金)、宮崎市の潮見小学校3年生と職員の方々、およそ102名が埋蔵文化財センター(分館)に来館されました。ありがとうございました。



埋文セレクション講座 in 美郷町

 宮崎県埋蔵文化財センターでは、本年度から埋文セレクション事業に取り組み、広く県民の皆様に埋文センターの活動を知っていただくとともに、実物資料を通して宮崎の歴史に触れていただくことを目的に移動展示会と講座を実施します。

 セレクション事業の一環として、5月3日(木)・4日(金)に美郷町南郷神門の西の正倉院附属棟にて「埋文セレクション講座」を実施し、展示解説や石器レプリカ作りなどを行いました。ゴールデンウィークの連休中ということもあって250名以上の方々にお越しいただきました。ありがとうございました。



ご来館ありがとうございます

 5月2日(水)、宮崎市の宮崎東小学校6年生と職員の方々、およそ60名が埋蔵文化財センター(分館)に来館されました。ありがとうございました。

 埋蔵文化財センター分館では、学校の授業や遠足などでの施設見学や学習、体験活動を受け入れています。詳細をご覧になりたい方は、トップページから「学校の先生方へ」へお進みください。また、当センターでは、見学利用はもちろん、昼食場所のご提供もおこなっております。校外学習で総合博物館においでになるとき、雨天時の昼食場所を予約される学校がたくさんあります。現在、すでに10・11月の昼食場所のご予約も入ってきております。先着順となりますので、晴天・雨天を問わず昼食場所を検討されている先生方は、ぜひご連絡ください。

※ なお、当センターがご提供できる昼食会場は最大で60名ほどですのでご了承ください。 



埋文講座の日程変更のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。本年度は、宮崎県埋蔵文化財セン ターが近年報告書を刊行した遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡についての最終成果を報告します。

 大変申し訳ございませんが、講師の都合により第4回と第5回の講座が入れ替えとなります。ご了承ください。

 

 【変更前】 第4回講座「シラス台地にねむる集落跡」 高樋遺跡(都城市)

         12月16日(日) 13:30~15:00

       第5回講座「日向の戦国時代と山城の興亡」 塩見城跡(日向市)

          1月20日(日) 13:30~15:00

 

 【変更後】 第4回講座「日向の戦国時代と山城の興亡」 塩見城跡(日向市)

         12月16日(日) 13:30~15:00

       第5回講座「シラス台地にねむる集落跡」 高樋遺跡(都城市)

          1月20日(日) 13:30~15:00



発掘現場レポート2018(第1回)~上高遺跡[第2次](都城市)

 現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内2つの遺跡の発掘調査を実施しています。今年も昨年に引き続き「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介していきます。

 今年度の発掘現場レポート1回目は、上高「かみたか」遺跡[第2次](都城市)です。昨年の発掘調査の続きとなります。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。

[作業の様子]

[遺物出土状況]



埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第2回「県庁敷地下に残る水田の始まり 橘通東1丁目遺跡(宮崎市)」のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。本年度は、宮崎県埋蔵文化財セン ターが近年報告書を刊行した遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡についての最終成果を報告します。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第2回「県庁敷地下に残る水田の始まり 橘通東1丁目遺跡(宮崎市)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  平成30年6月17日(日) 13:30~15:00

   講師  高村 哲(宮崎県埋蔵文化財センター)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 橘通東1丁目遺跡は、宮崎市橘通東1丁目の宮崎県庁敷地内に位置する遺跡です。県防災拠点庁舎建設工事に伴う発掘調査で、弥生時代終末~中世の遺物や遺構が確認されました。なかでも、弥生時代終末~古墳時代に比定される水田跡では、その当時、機能していた溝状遺構が検出されました。また、中世の水田跡では、畦畔(けいはん)(水田の畦)、多数の足跡状遺構、偶蹄目類の足跡が検出され、この時代の水田稲作を考える上で貴重な資料となっています。今回の講座では、調査成果の発表とともに、他の遺跡から出土した水田関連遺物の実物資料を展示します。



埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史~第1回「荒迫遺跡が語るもの~古代の畠(はたけ)と高原スコリア~荒迫遺跡(高原町)」のお知らせ

 宮崎県埋蔵文化財センター分館では、5・6・7月と12・1・2月の年間6回、各月の第3日曜日に宮崎県埋蔵文化財センターの発掘調査や活動実績について、わかりやすく報告する講座を開催しています。本年度は、宮崎県埋蔵文化財セン ターが近年報告書を刊行した遺跡や、本県の歴史を考える上で重要な遺跡についての最終成果を報告します。

 

 埋蔵文化財講座 ここまでわかったひむかの歴史

 第1回「荒迫遺跡が語るもの~古代の畠(はたけ)と高原スコリア~荒迫遺跡(高原町)」

 会場  宮崎県埋蔵文化財センター分館(県総合博物館隣)

 日時  平成30年5月20日(日) 13:30~15:00

   講師  髙橋 浩子(宮崎県埋蔵文化財センター)

   参加料無料・申込不要

 

 講座の概要 

 荒迫遺跡は、西諸県郡高原町を南東から北西に横断する宮崎自動車道の北側、高原中学校付近の丘陵状に位置する遺跡です。宮崎フリーウェイ工業団地開発に伴う発掘調査で、縄文時代~古代の遺構や遺物が確認されました。なかでも、霧島連山の御鉢からの噴出物である高原スコリアの下から古代の「畠(はたけ)の畝」と思われる跡が調査区のほぼ全面に確認され、霧島連山の活動の歴史や古代の社会情勢を考える上で興味深い資料となっています。今回の講座では、調査成果の発表とともに、考古学の中でのはたけの話や荒迫遺跡から出土した土器などの実物資料の展示・観察を行います。



埋蔵文化財センター通信ひむか(第20号)をアップしました

 埋蔵文化財センター通信ひむか(第20号)をアップしました。(PDFでダウンロード可能です)詳細はトップ画面の「刊行物等」からお進みください。今年度の埋文通信やイベントカレンダーは、県内の各公共機関や当センターでも随時配布しておりますので、どうぞ御覧ください。



平成30年度のイベント情報

 平成30年度のイベント情報をアップしました。(PDFでダウンロード可能です)特にイチオシのイベントは、埋文講座です。今年度は、センターが行った調査の中から、近年報告書が刊行された遺跡や本県の歴史を考える上で重要な遺跡について詳しくお話しします。詳細はイベント情報をご覧ください。

 



学習キットのご紹介(学校の先生方へ)

 宮崎県埋蔵文化財センターでは、学校の授業での使用を前提に学習キットを準備し貸出を行っています。学習キットは、旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代が各1セットずつあります。貸出のご相談を受けたときに「レプリカですか?」とよく聞かれますが、すべて宮崎県内の遺跡から実際に出土した石器・土器・鉄器などで構成されています。ぜひ生きた地域教材(実物)を使った授業を行ってみませんか? 

 4~5月の時期は、小学校6年生が歴史の授業を行う関係で、非常に貸出の依頼が混み合います。参観日の授業で使われる学校も多いようです。早めのご連絡をよろしくお願いします。学習キットの詳細はトップページから[学校の先生方へ]へお進みください。


  • 事前に電話でお問い合わせをお願いいたします。
    お問い合わせ先  分館(普及資料課) TEL 0985-21-1600
  • 「学習キットの貸出」の対象は宮崎県内の学校(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校など)です。
  • 受取/返却は埋蔵文化財センター分館まで直接お願いします。
  • 貸出期間は1週間以内です。
  • 資料等貸出承認申請書の提出(学校長名、公印押印)が必要です。
    ※ 貸出希望日の2週間前までにはお問い合わせください。


学校の先生方へ(見学利用と昼食場所提供のお知らせ)

 埋蔵文化財センター分館では、学校の授業や遠足などでの施設見学や学習、体験活動を受け入れています。詳細をご覧になりたい方は、トップページから「学校の先生方へ」へお進みください。また当センターでは、見学利用はもちろん、昼食場所のご提供もおこなっております。校外学習で総合博物館においでになるとき、雨天時の昼食場所をご予約される学校がたくさんあります。現在、5・6月はもちろん、10・11月の昼食場所のご予約も入ってきております。先着順となりますので、晴天・雨天を問わず昼食場所をご検討されている先生方は、ご連絡くださいますようよろしくお願いします。



発掘現場レポート(第23回)~保木島遺跡(都城市)

 現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内3つの遺跡の発掘調査を実施しており、「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介しています。

 発掘現場レポート23回目は、保木島「ほきしま」遺跡(都城市)です。今年度の発掘現場レポートは、今回で最後となります。次年度も、発掘現場の様子を定期的に紹介していきますのでご期待ください。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。



発掘現場レポート(第22回)~上高遺跡(都城市)

 現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内3つの遺跡の発掘調査を実施しており、「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介しています。

発掘現場レポート22回目は、上高「かみたか」遺跡(都城市)です。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。



発掘現場レポート(第21回)~嫁坂遺跡(都城市)

 現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内3つの遺跡の発掘調査を実施しており、「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介しています。

発掘現場レポート21回目は、嫁坂「よめさか」遺跡(都城市)です。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。



発掘現場レポート(第20回)~小松尾遺跡(都城市)

  現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内4つの遺跡の発掘調査を実施しており、「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介しています。

 発掘現場レポート20回目は、小松尾「こまつお」遺跡(都城市)です。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。



発掘現場レポート(第19回)~保木島遺跡(都城市)

  現在、宮崎県埋蔵文化財センターでは、県内4つの遺跡の発掘調査を実施しており、「発掘現場レポート」と称して、定期的に各遺跡の発掘調査の様子を新着情報で紹介しています。

 発掘現場レポート19回目は、保木島「ほきしま」遺跡(都城市)です。

※ 遺跡の詳細を御覧になりたい方は、トップページから発掘調査情報へお進みください。





3 / 1012345...10...最後 »
ページの先頭へ