宮崎県立美術館
宮崎県立美術館外観 ロビー
特別展示

様々な特別展をとおして、国内外の素晴らしい作品を紹介します。
また展覧会とともに、講演会やギャラリートークなども開催します。

ホキ美術館名品展 −写実 永遠の存在感−



森本草介《初夏の頃》

森本草介
《初夏の頃》


野田弘志《「崇高なるもの」OP.6》

野田弘志
《「崇高なるもの」OP.6》

 ホキ美術館は、日本で初めての写実絵画専門美術館として2010年に千葉市に開館しました。そのコレクションは、実業家・保木将夫氏によって収集された、日本を代表する現代作家によるものです。細密に描かれた写実絵画の作品群は500点を超えます。人物や風景、静物などの多様なものを題材とした実物以上にリアリティを感じさせる作品は、ホキ美術館の常設展や企画展、巡回展などによって感動とともに受け止められ、近年注目されています。
 写実絵画は、手軽に写真や動画が撮れる現代にあって、作家があえて長い時間をかけてモティーフとなる対象と向き合い、一筆一筆絵の具を重ねることで表されています。技巧を駆使した個性あふれる豊かな表現による写実絵画は、対象の本質を描き捉えようとする作家の意志が込められており、永遠に色あせない強い存在感があります。
 本展では、ホキ美術館のコレクションの中から選りすぐり、現代写実絵画を代表する森本草介、野田弘志、五味文彦ら25名の作家による名品64点を一堂に展覧いたします。作家それぞれの超絶的な技法により描き込まれた写実絵画の魅力をご堪能ください。


島村信之《夢の箱》

島村信之
《夢の箱》



五味文彦《木霊の囁き》

五味文彦
《木霊の囁き》

会期

 令和4年7月16日(土)〜令和4年9月7日(水)
 ※休館日 月曜日(7月18日を除く)、7月19日、8月12日


開館時間

 10:00〜18:00(入室は17:30まで)

主催

 ホキ美術館名品展実行委員会(宮崎県立美術館、宮崎日日新聞社、UMKテレビ宮崎)

藤原秀一《デルフト東門》

藤原秀一
《デルフト東門》

企画協力

 ホキ美術館

特別協賛

 宮崎太陽銀行

後援

 宮崎県市町村教育委員会連合会、(公財)宮崎県芸術文化協会、朝日新聞社、
 毎日新聞社、読売新聞西部本社、西日本新聞社、MRT宮崎放送、
 エフエム宮崎、宮崎サンシャインエフエム、ケーブルメディアワイワイ、
 MCN宮崎ケーブルテレビ、BTV株式会社

観覧料

区 分 当 日 割 引 団体・前売 前売ペアチケット
一 般 1000円 900円 800円 1500円
中・高生 500円 400円 300円
小学生以下 無 料

       ※ 割引は全教互会員カード、JAF会員カード、SD(セーフドライバー)カード、グレイス会員カードご提示の方
          (提示者を含め5名まで)
       ※ 団体は20名以上
       ※ 前売券・前売ペアチケットの販売は、7月15日(金)まで
       ※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、ミライロIDをご提示の方及び介護同伴者1名は無料


関連イベント

※内容等について中止や変更が生じる場合があります。

特別ギャラリートーク

  • 日時:7月16日(土) 10:30〜(45分程度)
  • 講師:松井文恵氏(アートライター)
  • 場所:2階 企画展示室
  • 定員:30名(先着順)
  • 申込:6月18日(土)から電話(0985-20-3792)で受付開始

  ※ 要観覧料


出品作家 島村信之 アートトーク

  • 日時:7月30日(土) @11:00〜12:00、A14:00〜15:00
  • 場所:1階 アートホール
  • 定員:各回50名(先着順)
  • 申込:6月25日(土)から電話(0985-20-3792)で受付開始

  ※ 参加無料


出品作家 石黒賢一郎 アートトーク

  • 日時:8月7日(日)  @11:00〜12:00、A14:00〜15:00
  • 場所:1階 アートホール
  • 定員:各回50名(先着順)
  • 申込:7月9日(土)から電話(0985-20-3792)で受付開始

  ※ 参加無料


ギャラリートーク(当館学芸員による)

  • 日時:8月3日(水)、8月20日(土)、8月25日(木)、9月4日(日)
             ※いずれも14:00〜(30分程度)
  • 場所:2階 企画展示室
  • 定員:各回30名(先着順)
  • 申込:当日13:30より2階 アートフォーラムで受付

  ※ 要観覧料



令和4年度の特別展等
※内容等につきましては、都合により変更する場合があります。

作品画像

白髪一雄「天富星撲天雕」
尼崎市蔵

尼崎市コレクション

白髪一雄  −行為にこそ総てをかけて−

白髪一雄は、足で描くアクション・ペインティングを展開し、国内外で高い評価を受けた画家です。本展では、出身地の尼崎市コレクションから選りすぐった、初期の具象からアクション・ペインティングの大作まで、約70点の作品や多くの資料により、その画業を紹介します。

令和4年5月28日(土)
〜7月3日(日)
終了しました

 

【休館日】
月曜日

作品画像

生島浩「5:55」

ホキ美術館名品展
−写実 永遠の存在感−

2010年に千葉市に開館したホキ美術館は、現代作家約60名による500点余りの作品を収蔵する、日本で初めての写実絵画専門の美術館として広く知られています。本展では、森本草介、野田弘志らによる超絶的な技法による作品約60点を選りすぐり、写実絵画の魅力を紹介します。

令和4年7月16日(土)
〜9月7日(水)

 

【休館日】
月曜日(7月18日を除く)
及び7月19日、8月12日

作品画像

瑛九「つばさ」

宮崎県立美術館コレクション企画展

めぐりあう個性

作家は、自らの表現を追求する中で、他の作家の個性や作品にひかれ、刺激を受け合うことがあります。また、共通する考えや表現などにより美術団体やグループとして集い、活動することもあります。本展では、当館の所蔵する作品を、作家たちのめぐりあいやつながりという切り口で紹介します。

令和4年10月1日(土)
〜10月30日(日)

 

【休館日】
月曜日(10月10日を除く)
及び10月11日

 

過去の特別展はこちら(PDFファイル1.18MB)

 

お問い合わせ先
〒880-0031 宮崎市船塚3丁目210番地
宮崎県立美術館 学芸担当
TEL. 0985-20-3792